メイドイン福岡『はかたの珈琲』が博多の新・定番お土産として人気に!

こんなところにコーヒー工場が?

福岡市西区小戸の住宅街の一角でコーヒーを製造して今年で20年。「はかた珈琲工房」さんからこの春、ドリップコーヒー「はかたの珈琲」が発売されました。

 

博多の絵師・西島伊三雄さんのイラスト入り

 

 

上の写真の、個包装された5柄が1袋ずつ小箱に入った「ドリップバッグコーヒー5袋(8g☓5)入」400円(税別)。これからの季節にピッタリな山笠デザイン。ココにも西島伊三雄さん作の可愛らしい博多っ子のイラストが入っています。

 

中身は、ブラジル、コロンビア、グァテマラ産の豆を中煎り、中挽きした一般的なレギュラーコーヒー。開封すると、ぷーんと香ばしい薫りがするのが、個包装されたドリップバッグならではですね。お味も上品で、豊かなコク、まろやかな甘みが楽しめます。

 

愛用のマグカップで淹れたてをいただくシアワセのひととき。1杯あたり80円(税別)ですから、毎日飲まないと落ち着かないコーヒー党にはうれしい限りです。

 

最近では、コーヒーは脂肪燃焼に効く、血栓をつくりにくい、糖尿病になりにくい、お肌のシミを予防する、脂肪肝を抑える…など健康によい飲みもので、1日に3~4杯飲むのがよいと聞きます。

 

箱の裏面は、にぎやかなどんたくデザイン。福岡市西区の工場に併設された店舗のほか、同博多区の櫛田神社横にある「博多町家ふるさと館」みやげ処でも販売中。これから本番となる観光シーズン、福岡を訪れる方にはお土産としてぜひお勧めします。 

 

お土産を選ぶ時によくあるのは、お菓子などだとせっかく奮発して良いものを買っても、贈る相手の好みに合うかな?と悩むこと。でもコレなら、あまり好き嫌いが分かれず、何より手軽なお値段で気を遣わずに済みそうなので、プラスの一品にもよし、自分用の記念品にもよし。5柄が2袋ずつの10袋入800円(税別)もあります。

 

はかた珈琲工房さんは、生豆を仕入れて焙煎し、挽いてドリップバッグに詰め、包装するところまでを自社一貫で手掛けられる、福岡の「知る人ぞ知る」コーヒー工場。もちろん豆の販売も行っています。いつか潜入レポートをお届けしたいと思っています!

 

 

※情報は2016.5.21時点のものです

はかた珈琲工房

住所〒819-0001 福岡市西区小戸4丁目17-3
TELフリーダイヤル 0120-415-923(携帯電話からも可)
FAX0120-231-591
URLhttp://www.hakatacoffeekb.com/index.html
その他

E-Mail  info@hakatacoffeekb.com

店舗営業時間  9:00~17:00

店舗定休日   日祝および社内カレンダーによる

オンラインショップ http://hakatacoffeekb.shop-pro.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ