職場復帰と同時に夜泣き再開!疲労のピークで感情が爆発した夜

私の職場復帰をきっかけに一旦落ち着いていた長男の夜泣きが再開。日中は仕事、帰宅後は家事・育児、夜は夜泣き対応…。休む暇もなかった私は、疲労のピークに達し、ついに溜めこんでいた感情が爆発してしまいました。

赤ちゃんの夜泣き。
これには世の中の多くのパパさん、ママさんが苦労されているのではないかと思います。
我が家もご多分に漏れず、夜泣きには泣かされたクチでした。

今振り返ってみると一番きつかったのは1歳の誕生日を迎えた頃。
ちょうど、育児休暇が明け、私の職場復帰と同時に長男を託児所に預けはじめた時期と重なります。

母親と丸一日離れて過ごす、初めての集団生活。
夜になると日中の不安や疲れが出てしまうのかしばらく落ち着いていた夜泣きが一気にひどくなってしまったのです。

長男の夜泣きのスタートは、寝かしつけの時点から。
おっぱいを飲ませながらなんとか寝かしつけ、そっとその場を離れようとした瞬間…!
グスングスンと泣き始め、ものの1分もしないうちに本泣きに。

ああ、今日も始まったか…。

ここからが、長男と私の長い夜の始まりです。

抱っこしたり、おっぱいを飲ませたり、子守唄を歌ってみたり…。
思いつくことはいろいろ試してみるのですが、怒ったように体を後ろに逸らしてイヤイヤ、ウエーン。
危ないから、と布団の上に置くと、「そうじゃない!」とばかりに手足をバタバタして号泣。

じゃあ、どうすればいいの!?
この時ばかりは、かわいいはずのわが子が憎らしく思えてしまいます。

長男はひたすら泣き、私は抱っこでひたすら歩く。
やがて、お互いの体力が尽きてきた頃に、意識を失うように寝落ち…。

ある夜のこと、疲労のピークに達していた私は泣き出した長男をあやす気力すら起きませんでした。
日中は普通に仕事をして、帰宅後は大急ぎで家事・育児。
夜は夜泣きに付き合って、時には気が付けば朝という状態。
一体いつ休めばいいの?
睡眠不足のせいで大幅にパフォーマンスも落ち、仕事も家事もやり残しはたまる一方。
精神的にも体力的にも限界寸前のところまできていたのです。

もう嫌だ。
もう無理。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ