体当たり戦法~火曜サスペンス劇場[NAI・NAI起業のなまはげみき]vol.1

NAI-NAI-NAI お金ない NAI-NAI-NAI 場所もない

NAI-NAI-NAI でもとまらない~

NAI-NAI-NAI 人脈ない NAI-NAI-NAI 知識がない

NAI-NAI-NAI そこが危ない~

何もなく起業してしまった太刀山美樹です。

起業して2年後、やっと私は、イオン福岡伊都に0歳からの運動塾「MIKIファニットスタジオ」をオープンしました。起業したなどいいながら、実はそれまで、拠点となる会社の場所すらなかったのです。勢いで起業した株式会社は名ばかり!

出前講座のみを行い、ミーティングをするにも、ファミレスや電話で行い、その負担もかけさせてしまっていたので、当時のスタッフには本当に迷惑、嫌な社長でした。

場所を借りようにも、子どものチアダンスは元気いっぱいに踊るのが特徴なので、かけ声も足音も大きく、通常のビルではなかなか借りることができませんでした。また予算の合いそうなところは、駅からも離れ、教室に通うにも不便になってしまう…。

そんなときに目に入ってきたのはイオン!しかし!私には、そこに人脈もお金もない!あるのは、女松岡修三と呼ばれる暑苦しいおもい…。

思わず書き込むイオンホームページ掲示板。「場所をください。私は九州の子どもを全部元気にして社会に還元できる自信があります」。翌日電話があり、「会ってみたいという人がいますが…」。2時間後には、イオン九州本社で「君面白い。うちでする?」

私は、当時の取締役といきなり話をしていて、まさかのオープンになっていくのでした。

【火曜サスペンスMIKI劇場は、毎週火曜日午後10時更新です】

※次回のテーマは「私がなまはげと呼ばれるワケ」です。お楽しみに!

※情報は2014.3.11時点のものです

なまはげみき 太刀山美樹

福岡県筑後市出身。23歳で結婚、出産。地域のままサークルが口コミで広がる。「きみ、おもろいね」とNHK福岡や学校講師に街角でスカウトされ、経験を積む。2006年、MIKIファニットを起業。「どうせ無理と諦めてる子いねぇ~が!」と喝を入れる<幼児教育界のなまはげ>としても活動中。好きな言葉「来た球は打つ」

この記事もおすすめ