「やのっちがパパになったって!!」その1~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#1

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

矢野浩樹 男性 32歳 通称「やのっち」

これまで学童保育では小学生・保育士では園児・子育てアドバイザーでは幼児・今の仕事

では地域の子どもたちと関わり、どっぷり子ども関係の仕事や活動に浸かっている私。

2014年1月31日に、長女が生まれ…パパとなりました。

保育士経験や子育てアドバイザーを得て、実際に親となり「本当の子育て」を体験中。

そこで想うとこや考えること、子どもの育ちなどを皆さんに一方的にお伝えてしていきたいと思います。

これまで…保育士をしたり、子育てアドバイザーで子育て中のお母さんたちと話したりしながら、いつも言われたセリフが…

「やのっちは、もういつでもパパになってもできるね!!」

そりゃ~保育士としての知識はあるし、子育て事情もそれなりに聞いているけど、現実はそんなに甘くないという実感だけはあった。そう、人の子どもや人の家庭と自分となるときっと違うモノだと。

そりゃ~子どもは好きです。でもそれはもう息をしていると同じくらいに普通のこと。

保育士をしていて感じた事は…「好きだけではやっていけない」ということ。

きっと自分の子育ても人並みに、普通のパパたちと同じなんだろうな~と覚悟はしていました。

そんな折に…奥さんから妊娠の報告から、早10ッ月

2014年1月31日 午後1時8分 2536g の女の子が生まれ…

いよいよこんな私もパパとなりました。

ある意味「元保育士」という妙なプレッシャーも感じつつ…

ある意味「初めての子育て」というド素人感もありつつ…

いよいよ私の「子育て」が始まりました。

→コラム2「やのっちはパパになったって!!」その2に続く

【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.3.18時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ