キャリア教育を伸ばす体験型アフタースクール『スポルトキッズ』

子どもの「もっと知りたい!もっと上手になりたい!」をサポートする体験型アフタースクール「スポルトキッズ」が、福岡市南区長住3丁目にオープンしました。子どものキャリア教育<生きる力>を伸ばすプログラムが満載で、学習支援はもちろん、スポーツや芸術、農業体験なども実施。仕事と育児の両立で悩む多忙な家族にとって、頼りになるアフタースクールとなりそうです。

スポルトキッズは、現役医師で3人の子どもを持つ武田康志さん(タケダスポーツクリニック院長)と武田りわさん(皮膚科、美容皮膚科医)夫妻が設立したNPO法人「スポルトジャパン」が運営。スポルトキッズ代表を務める武田りわさんは「医師として、母親として、一人の女性として生活する中で、いろいろなジレンマに陥ることがありますが、仕事も育児も教育も諦めたくない。私同様、そんな風に感じている女性は少なくないと思います。生きる力が身につく教育とは何か。女性の社会進出をサポートするために必要なものは何か。そんなことを考え、行動に移して創立したのが『スポルトキッズ』です」と話していました。

武田康志さん(左)とりわさん夫妻

武田康志さん(左)とりわさん夫妻

スポルトキッズのテーマは、「学習支援」「キャリア教育」「体験学習」の3つ。宿題サポートだけでなく、スポーツや芸術をはじめ、農業・食育・サバイバル・環境と命の授業など多岐にわたる体験活動や、マナーやお金、日本文化や歳時記といった、日本人としてのアイデンティティとグローバルな感覚を育むカリキュラムが組まれています。


また、「最長21時までの長時間保育」「土曜日・夏休みなどにも対応」「学校までお迎え」「利用日変更可」「保育中の給食・軽食あり」など、家族の安心を支えるサポートサービスも充実しています。

受付

受付

 

施設内にはボルダリングのコーナーもあります。

施設内にはボルダリングのコーナーもあります。

「子どもたちには、健康で、強く、豊かに、自分らしく生きていく力を身に着けてほしい。与えられた課題を解くのではなく、自ら課題を見つけて解決できる大人になるためのサポートができたら」と、武田りわ代表。子どもの『やる気スイッチ』を押してくれるカリキュラムに乞うご期待です!

スポルトキッズ

募集対象:小学1年生~6年生

募集定員:50名

レギュラープログラム 小学生月会費(週2~6日/月~)35,000円~46,000円

※週4日以上は、学研教室(国語・算数)・グローバル教室(英語)の月謝も含んでいます。

スポルトキッズ:http://sportkids.jp/

※情報は2016.7.28時点のものです

スポルトキッズ

住所福岡市南区長住3丁目70-102(長住郵便局隣)
TEL092-551-3300
FAX092-551-3303
URLhttp://sportkids.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ