福岡アジア美術館で「絵本ミュージアム」開幕!

絵本の魅力を伝える「NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2016」(西日本新聞社など主催)が26日、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館で開幕しました!8月21日(日)まで。


会場には、「しあわせな時間」をテーマに、千冊以上の絵本を自由に読みながら、物語の世界を空想できる展示があるほか、指で画面をなぞると文字が出るデジタル機器の〝新型絵本〟が体験できるコーナーも。

命のリレーを描いた絵本「せいめいのれきし」の紹介コーナーでは、福岡市中央区の寺崎祐実ちゃん(5)が、展示された実物の恐竜の化石を前に「初めて本物を見た」と歓声を上げていました。

期間中、絵本作家のサイン会、テレビ局アナウンサーによる絵本の読み聞かせなど予約なしで参加できるイベントもありますので、ぜひお楽しみください。

【NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム 2016】

■開催期間

7月26日(火)〜8月21日(日) 午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)《会期中無休》

■開催場所

福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階)

■入場料

一般/1000円、高大生/700円、小中生/500円、未就学児/無料

■公式ホームページ

http://www.kodomo-abc.org/ehonmuseum2016/

※情報は2016.7.27時点のものです

福岡アジア美術館

住所福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F 
TEL092-263-1100
FAX092-263-1105

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ