地震被災の熊本市動物園のウンピョウ2頭、福岡市動物園で一般公開

地震で被災した熊本市動植物園から受入しているウンピョウ2頭が8月2日(火)午前10時、受入先の福岡市動物園で一般公開されることになりました。

4月14日と16日に「熊本地震」が発生し、熊本市動植物園の獣舎が被災。その後、熊本市動植物園から公益社団法人日本動物園水族館協会を通じて動物の受入要請があり、福岡市動物園に4月23日、ウンピョウ2頭が受け入れられました。

今回一般公開される2頭のウンピョウは、『 ジュール』(オス/ 11歳 横浜市立よこはま動物園(ズーラシア)生まれ)と『 イーナ』(メス/ 11歳 横浜市立よこはま動物園(ズーラシア)生まれ )。2頭の元気な姿を見にぜひ福岡市動物園へ足をお運びください。

ジュール(提供:福岡市動物園)

ジュール(提供:福岡市動物園)

 

イーナ(提供:福岡市動物園)

イーナ(提供:福岡市動物園)

<ウンピョウについて>

・体長:62~107cm

・体重:16~32kg

・野生分布:インドネシア低地の熱帯雨林から標高2000m~3000mの ネパール山脈のすそ野の落葉樹林帯までのアジア地域一帯で狩りをしながら生息

・飼育下寿命:13~15年

・性成熟(繁殖可能年齢):2~3歳

・ワシントン条約: 付属書Ⅰ

・IUCNレッドリスト:VU(絶滅危惧Ⅱ類)

※情報は2016.7.29時点のものです

福岡市動物園

住所福岡市中央区南公園1番1号
TEL092-531-1968(総合案内所)
URLhttp://zoo.city.fukuoka.lg.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ