ピラルクーの舌を触ってみた…大迫力の「アマゾン展」(福岡市博物館)

「とにかくスケールがすごい!」「子どもと一緒にはしゃぎまわって超楽しかった!」。福岡市博物館で開催中の「大アマゾン展」に行った友人たちが興奮気味に話すので、さっそく行ってみました。

福岡市博物館は現在、トワイライトミュージアム開催中。8月27日(土)までは19時半まで開館しているので(入館は19時まで)、18時半過ぎに行ってみたところ…

過去最大級!アマゾンの動植物など400点以上公開!

しかも、写真撮影OK!

…ということで、パシャパシャと撮りまくりました。

閉館間近の入場だったので人が少なく、ゆっくり鑑賞できました。

閉館間近の入場だったので人が少なく、ゆっくり鑑賞できました。

 

ケナガクモザル

 

ホフマンナマケモノ

ホフマンナマケモノ

 

フルボルトウーリーモンキー

フルボルトウーリーモンキー

アマゾンには、約420種の哺乳類、3000種以上の魚類、約1800種の鳥類、約6万種の植物、昆虫は地球上の種の4分の1に相当する100万種以上が棲んでいるといわれています。美しい生き物から、恐ろしそうな生き物まで、とにかく日本ではなじみのない生き物たちの世界がそこにはあるようです。

オオアナコンダ

オオアナコンダ

 

メガネカイマン

メガネカイマン

はく製とはいえ、迫力満点です。思わず後ずさりしてしまいました…。そして、アマゾンと聞いて多くの人が連想するであろうアマゾン川に生息する巨大な淡水魚「ピラルクー」や肉食の淡水魚「ピラニア」

ピラルクー

ピラルクー

 

ブラック・ピラニア

ブラック・ピラニア

こんな体験までできました…

やさしく触って…ということで、恐る恐る触れてみると、予想以上に硬くザラザラしていました…。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ