夏休み、親子で楽しむなら『絵本ミュージアム』がおすすめ!

みなさんは子どものころ、どんな絵本を読みましたか?あるいは、いま、お子さんにどんな絵本を読み聞かせていますか?絵本の時間はきっと「しあわせな時間」。そんな絵本の魅力がたっぷりと楽しめる夏恒例「NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2016」(福岡アジア美術館)に行ってきました!

会場に入ると、そこは『えほんの世界』。子どもも大人も絵本の世界に誘われます。

大人にとっては、懐かしい物語の世界。会場では、恐竜絵本や赤ちゃん絵本など約1,000冊の絵本が自由に手にとって読むことができます。

ジョージはみんなの人気もの!

ジョージはみんなの人気もの!

「はらぺこあおむし」や「とうさんはタツノオトシゴ」など、エリック・カールの作品は時代を問わず大人気。

「はらぺこあおむし」や「とうさんはタツノオトシゴ」など、エリック・カールの作品は時代を問わず大人気。『カールおじさんのアトリエ』では、デジタル機器を使って色使いに挑戦できます。

 

時間を忘れて絵本の世界にゆっくりと浸れます。

時間を忘れて絵本の世界にゆっくりと浸れます。

世界の絵本や子どもたちに触れ合えるコーナーも。

指で画面を触ると、世界各国のともだちのメッセージが映し出され、まるで会話しているような気分が楽しめます。

なにやら不思議なたまごもありました。

命のリレーを描いたロングセラー絵本「せいめいのれきし」のコーナーでは、恐竜の化石も!

ここまで大きな仕掛けになっていると、絵本を「読む」というより、絵本の世界に自分自身も入ってしまったような感覚になります。ぜひ、ご家族いっしょにお楽しみください♪

お土産コーナーも充実していました!

お土産コーナーも充実していました!

NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム 2016

■開催期間

7月26日(火)〜8月21日(日) 午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)《会期中無休》

■開催場所

福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階)

■入場料

一般/1000円、高大生/700円、小中生/500円、未就学児/無料

■公式ホームページ

http://www.kodomo-abc.org/ehonmuseum2016/

※情報は2016.7.31時点のものです

福岡アジア美術館

住所福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F 
TEL092-263-1100
FAX092-263-1105

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ