元保育士でも生まれてすぐの子は経験無し!~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#3

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

今から5年前、26歳の春から約3年間…

保育士という仕事に携わり、その園の子どもたちの「先生」として過ごしました。

 

お世話になったとこは、普通の保育園

0歳~6歳までの子どもたちが70人前後いる園でした。

そんな園でも…生まれてすぐの子どもなんていませんでしたww

0歳児クラスと言っても、生後4か月以上からぐらい。それも多くて2.3名程度。

そんな生まれてすぐなんて…。(まっ事情であるところはあるんでしょうけど。)

 

ということは…

保育士の経験があろうと、生まれてすぐの子どもを「子育て」した経験は無かったってことなのです!!

 

生まれてすぐの赤ちゃんには、保育士してようと子どもに慣れていようと…何も関係なく、誕生した自分の子どもで初めて経験することになる。

 

私も同じこと。参ったな~(笑)

生まれてすぐの赤ちゃんなんて、触ったことも関わったこともないってーー!!

でもでも…

子ども関係の仕事をしてなかったパパさん達に比べたら

なんだか慣れているような~そんなような~雰囲気があるのは間違いないです。

 

赤ちゃん、所謂「新生児」

身体はまだ小さいし、体重も軽い。何より気を付けるべきは首が座ってないこと。

でも頭は重い…抱くにしてもうまく手で抱えながら支えながら抱かないといけない。

これって…知ってて当たり前だけど、知るのって子どもが生まれてから知るパパさんもママさんもいるんじゃないかな?

そう思えば、少なからず保育士の知識がある私は「当たり前」で臨むができました。

それでも、抱き方には慣れないし…なんだかドキドキしました。

 

この「当たり前」を…どこで知るか?

これも結構、「子育て」には重要かも。(まっ「当たり前」がすべて正しいってわけではありませんが。)

 

ということで、ほんと新生児の赤ちゃんの経験はなく…

只今、毎日初めての赤ちゃん子育てを経験真っ最中なのです!!

 

→次回は…#4「パパができることとできないこと」その1

 【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.4.1時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ