【幼稚園ママにドン引き】撮影命のママが参観中、先生にクレーム

そのママは遅れて来たのにもかかわらず、いつの間にか参観スペースの一番前まで来てビデオ撮影を始めました。
周囲のママのひんしゅくを買っていたのは言うまでもありません。 でもビデオ撮影大好きママはそんなことはお構いなしです。
そのうち先生の話を聞いている子供を振り向かせようと声をかけ始めます。
「B!(ビデオ撮影大好きママの子)こっち向いて!」しきりに声をかけています。
子供たちもママたちもザワザワし始めます。 先生も困った顔をしていますが、他の子にも手がかかるため、しばらく放置していました。

ところが事態はさらにエスカレートします。 なんと、ビデオ撮影大好きママは、仕切りのロープを超えて撮影を始めたのです。
もちろん「B、こっち向いて!」と声をかけ続けています。 さらにわが子が撮影ポイントに背を向けてすわっていることに文句まで言い始めました。
ついに、たまりかねた先生が「子供たちははさみを使っていますので、少し静かにしてもらってもいいですか?」と一言。
ところが、ビデオ撮影大好きママは信じられない反撃に出ます。

「でも、うちのBが背中ばっかりむけているから撮れないんです!先生、この机の配置、何とかしてくださいよ!!」
さらに一緒に来ていたパパに「アンタからも先生に何とか言ってよ!!」と続きます。

・・・えっ?逆ギレ? これを聞いて周りのママもびっくり!
一瞬、シーンとなりましたが、もちろん先生からは「すみません、机は動かすことができませんし、子供たちも怪我をするといけないので、参観スペースの中でお願いします」とNGが出され、なだめられていました。
ビデオ撮影大好きママはしぶしぶ参観スペースに戻りましたが納得していないようでした。
私を含め他のママたちも無言で「そりゃあ、そうだよね」という雰囲気に。 まさか授業中の先生に文句を言うとは思っていませんでしたから、引きまくりです。

何より、B君が先生の言う事とママの言う事のどちらを聞いたらいいのかわからず泣きそうです。 しかも恥ずかしそうにうつむいています。
その日、息子が帰ってきてから言った一言が忘れられません。
「僕のお母さんがB君のお母さんみたいじゃなくてよかった!」 この言葉を聞いて少しドキッとしました。
こんな小さな子でもいろいろ見て考えているんだって。 親もしっかりしなきゃな、と思った出来事でした。

2 / 2

※情報は2016.10.25時点のものです

コッシ―

【ライター】

15歳の中学生の娘と7歳の小学生の息子の二人の子どもを育てています。 娘の高校受験対策にかかりきりです。趣味はガーデニングやフラワーアレンジメントなど花に関すること。

この記事もおすすめ