【マウンティングママにドン引き!】ハロウィンパーティーを台無しにしたママ友

気を取り直して、ハロウィンのご馳走でランチすることに。
料理上手な主催者が、テーブルに乗りきらないほどのご馳走を準備してくれていました。
ワッと歓声があがり、大人も子供も盛り上がる中、
Aママは親子コスプレへの注目が早々に奪われて、不機嫌そうに頬を膨らませています。

このランチ、事前に会費という形で、主催者に食材費を渡す予定になっていて、
その金額は親子で1000円という格安価格。

「こんなに沢山のご馳走、本当にいいの?もっと会費高くても大丈夫だよ」と提案する人あり。
「会費だけじゃ悪いから、手土産にケーキを持ってきたよ」と差し入れする人あり。
わいわいと賑やかにしていると、突然Aママがプリプリと怒りながら、爆弾発言をしたのです。

「うちはハロウィンの仮装に1万円以上かけたのに、みんな手抜きすぎ!
仮装代で、今月の家計がやばいから、我が家の会費は免除してよ」

そんな図々しい発言にあぜん。

「日頃から裕福自慢をしてるのに、たった1000円を出し惜しみする?!」

「だから事前に100均のグッズでお手軽な仮装にしようって約束したのに」

せっかくのパーティー、もめるのを避けるために、喉まで出かかっている言葉をこらえて、
みんなでワリカンすることになりました。

Aママのご機嫌はケロッと改善。
おおいに食べ、おおいに騒ぎ、数々の上から発言で周囲をモヤモヤさせた後、
後片付けもせずに、残ったケーキやお菓子を持ち帰ってしまいました。

「クリスマスパーティーは、Aママを誘わずにやろうね」と、
残ったメンバーで約束したのは、言うまでもありません・・・。

女性同士の会話で「モヤッ」としたら、それはマウンティングの可能性大。
おばけより怖いのは、あなたのそばにもきっといる、マウンティングママかもしれません。

2 / 2

※情報は2016.11.10時点のものです

tsukuko

やんちゃな1歳男児と、おしゃまな4歳女児のママ。幼稚園、保育園、ご近所のママコミュニティを回遊中。

この記事もおすすめ