世界中であなたのこと考えていた~火曜サスペンスMIKI劇場[NAI・NAI起業のなまはげみき]Vol.6

NAI-NAI-NAIお金ない. NAI-NAI-NAI 場所もない. NAI-NAI-NAI でもとまらない~.

NAI-NAI-NAI 人脈ない. NAI-NAI-NAI知識がない.

NAI-NAI-NAI そこが危ない~~

何もなく起業してしまった太刀山美樹です。

 

「世界のみなとみなとで、あなたの事を思いだしていた」と以前すてきな男性から言われ、「プロポーズ?」と思った事があります。

私は起業する前、フリーのインストラクターとして、いろんな現場で運動指導をしていました。あるスポーツクラブで、大人のリラックスヨガレッスンを担当していた時、いつも一番前で、受講される男性がいらして・・・。

ある時「4か月ほどレッスンを休むので」と丁寧なご挨拶があり、理由を伺うと、息子さんからチケットをプレゼントされたからとの事。「お母さんが亡くなって落ち込む姿をみながら、少し元気を回復してほしい」と世界旅行の船旅のチケットだったそうです。

すてきですね~と、感動して送り出していた私でした。

その旅行中、元気を出すどころか・・・船旅のアトラクション楽しもうにも、周りは夫婦で参加の方ばかりが多く、その様子を見ながら、なんだか落ち込んでしまい部屋に閉じこもるようになったらしいのです。

「ところが、ある日ふとみき先生の声が聞こえてね。部屋でヨガストレッチみたいにやってみると、心がほっとしてきて、それから毎日部屋で、みき先生の話しを思い出し身体をほぐしていたんですよ。すると、だんだん気分もほぐれてきて船旅も楽しくなってきて。・・・僕はね、港みなとで、みき先生のこと、思い出していました・・・。

そのたびに何か買っていきたくなり。でも高価なものだと、やはり男性と女性なので、迷惑がられてもいけないと、差しさわりのないものだけど・・・港で降りるたびにプレゼントを買ってきたんです」

私の連絡先を聞くのも、先にスポーツクラブにきちんと確認とられ、お電話をいただき、私の家の近くまで来られました。

そのおじさまの手には、両手に持ち切れないほどの、い~っぱいの各国の名産品が!

お菓子やワインがたくさんありました。

 

「元気をありがとう」と、言われましたが、

「わたしこそ、元気をいただきありがとうございます」

と、うるうる・・・私はその場で泣いてしまいました。

 

自分が仕事をしている事で、なにか人の役にたてる。それってなんて素敵な事だろうと、もっと勉強しようとおもいました。

私は、世界の港みなとで、考えていただける、「すてきなお仕事」をしているんだなあ。

と、私は少しぐらい仕事で凹んでも、思い出すだけで、自信と元気が回復できるお話です。

 【火曜サスペンスMIKI劇場は、毎週火曜日午後10時更新です】

※情報は2014.4.15時点のものです

なまはげみき 太刀山美樹

福岡県筑後市出身。23歳で結婚出産。地域のママサークルが口コミで広がり、その後「きみ、おもろいね」とNHK福岡や、学校講師に、街角でスカウトされ経験を積む。2006年MIKIファニットを起業。

「どうせ無理と諦めてる子いねえ~が!」

と喝をいれる<幼児教育界のなまはげ>としても活動中。

好きな言葉「来た球は打つ」

MIKIファニット  http://www.mikifunnit.com

この記事もおすすめ