あら…我が子が肌荒れ?ニキビ?その1~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#6

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

4月も中旬も過ぎ、我が子も生後80日となりとても大きくなりました。

笑顔も出るようになり、日々その成長にニヤけておりますww

 

皆さんがいう

「我が子はかわいい!!」というセリフを実感しています。

 

かわいいでしょ??ww

そんな我が子…

少し前ですが、急に顔が荒れ始めました。

 

あんなに生まれた時は…つるんつるんだったほっぺが…

がさがさのかっさかっさになっていました。肌荒れ??ニキビ??

 

「どういうこと??」という疑問だけはありましたが、1人安心していました。

 

お風呂では綺麗に洗っていますし、特にかゆみはない感じだし…

何より「肌荒れするってことは、肌が嫌なモノもしっかりだしているんだ!」と思って…特に問題視なく過ごしていましたが、奥さんは少し不安そうなので調べてみました。

乳児湿疹(にゅうじしっしん)とは、顔や体の一部など、乳児期の赤ちゃんに見られる湿疹の総称。生後2~3週間から2ヵ月頃に多く見られる。

胎内で母親から受け継いだホルモンの影響が続く生後2ヵ月までは、赤ちゃんは皮脂分泌が盛んなため皮脂量が多い頭、顔、脇の下などに湿疹が出る。乳児湿疹がなかなか治らない場合は、アトピー性皮膚炎の可能性もある。

乳児湿疹の中でも代表的なのは、新生児ざそう(新生児にきび)と乳児脂漏性湿疹である。新生児ざそうは、生後1~2ヵ月をピークに、頭や頬、額などに思春期に出来るにきびのような黄色やピンクのポツポツが出る。また乳児脂漏性湿疹は、髪の生え際やまゆ毛、鼻など皮脂分泌が盛んな場所に、ふけのようなかたまりがこびりついたり、脂っぽいかさぶたのようなものがつく。(ウィキペディア引用)

 

なるほどなるほど!!

そしたらこの「乳児湿疹」ではないかと確信しました。

まさにそんな感じ。

時期も場所もそんな感じも…!!安心しました!!

 

ってか、赤ちゃんにもニキビとかが出来るんですね~?始めて知りましたww

元保育士ながら、ほんと知らないことばかり…情けないww

 

そして…その話をいうと、多くのママ友から

「あっあるある。私も子どももあったよ」「なるよね~、でも大丈夫!」

という意見ももらいました。さすが子育て先輩!!

 

やはり経験者や先輩たちからの意見って、安心します。

 

そんな感じで…奥さんは奥さんで検診で、同じことを言われ、夫婦共々安心。

しかし…あるママ友こういう意見も頂きました。

「母乳で、育ててるとよく出るもんね~」っと。

 

ん???母乳が関係しているのかい?この我が子の肌荒れは??

 

→#7「あら…我が子が肌荒れ?ニキビ?」その2に続く

【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.4.22時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ