「俺の睡眠を邪魔するな!」夜泣きしている息子を怒鳴りつける夫

次男を出産後、赤ちゃん返りが始まった長男の夜泣きが始まりました。長男と次男の同時夜泣きに毎日疲れる日々でしたが、夫といえば、「睡眠を邪魔されることが一番許せない!」と子供達の夜泣きをには無関心で「うるさい!」と怒鳴る始末。子供達の夜泣きと夫の怒鳴り声に辟易した私の体験談です。

長男が1歳8ヶ月の頃、次男が生まれました。
長男は赤ちゃん返りがひどく、初めて「夜泣き」というものが始まったのもこの頃。
それと同時に、もちろん新生児である次男も夜中に授乳を求めて毎晩泣きます。

この2人の夜泣きが別々の時間帯で起きる時はまだいいのですが、同時に起こると、いつご近所から苦情が来てもおかしくないレベルの大音量。

出来れば夫の手を借りたいのですが、次の日夫が仕事の場合はさすがに起こすのは申し訳なく、どうにか自分1人で対処してきました。

しかし、これだけ大声で子供達が泣き声をあげているのになぜ目を覚まさないのだろう、熟睡出来るのだろう、と不思議に思う反面、口を開けて寝息をたてて気持ち良さそうに眠る夫を横目に、私はイライラする日々を送っていました。

子供達2人の夜泣きが続き、寝不足のためか体調不良に陥った私。めまいや立ちくらみ、食欲不振、そして一日中イライラ…。私の中で限界を迎えていることは、なんとなく自分でも気がついていました。

私の体調が悪いからと言って、子供が夜泣きを待ってくれるわけではありません。

その日も長男と次男は夜泣きの大合唱。それも長男は何か怖い夢でも見たのか、いつに増して絶叫をあげていました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ