まさかのクリぼっち?!クリスマスに旦那と孫だけ招集した姑

記憶に新しい昨年のクリスマス。貴方はどう過ごしましたか?

家族や仲間と賑やかなホームパーティー?それとも、恋人と素敵な一夜?

結婚して、家族ができて「クリスマスが近づくと、誰と過ごすかソワソワしていたけれど、もうそんな心配いらないんだね」と話していた友人が味わった、まさかの一人ぼっちのクリスマス。彼女に何があったのでしょう。

クリスマスイブ、近所に住む友人から、こんなLINEメッセージが届きました。

「クリスマスなのに、感染性胃腸炎でダウン中。ケーキもご馳走も食べられない・・・(涙)しかも旦那と子どもは、姑主催のクリスマスパーティーに行って、私だけ置いてけぼり!(怒)結婚して、クリぼっちになるなんて、思いもしなかった!」

何事かと心配して、彼女の自宅へ向かうと、いつもは元気いっぱいな友人が、パジャマ姿のまま、フラフラと出迎えてくれました。顔色は土気色で、見るからにやつれています。ひとまず彼女を寝室に休ませて、話を聞くことにしました。

 

「子どもがお腹にくる風邪になって、上からリバース、下もピーピーで、本当に大変だったの。私一人で看病しているうちに、感染しちゃったみたい。子どもよりも、ずっと病状が悪化して、3日間、水を飲んでも吐き気が・・・悪阻を思い出しちゃったよ」

なぜ、ぼっちクリスマスになってしまったのか。

こんなに体調の悪い彼女を残して、出かける旦那の神経を疑います。

彼女が感染したのは、クリスマスイブの前日。ようやく子どもが元気になってきてホッとした頃に、突然、襲いかかったウィルスの恐怖!彼女のお腹は、ギュルギュルと痛み、トイレに駆け込んだきり、出られなくなりました。

翌日も、症状は悪化してゆく一方。残念だけど、クリスマスパーティーは延期して、おうちで安静にしようと夫婦で話し合っていたら、姑から連絡がありました。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ