クリスマスの恨みは正月に倍返し!嫁実家を大事にしない旦那に復讐を

年末年始、義実家に帰省することを憂鬱に感じる女性は、多いですよね。とある調査で、既婚男性500名に「年末年始の休みで憂鬱なこと」を尋ねたところ、「妻の実家に行くこと」が上位にランクインしていました。実は、男性も、年末年始の実家詣でを億劫に感じているんですね。

それでも、そのウンザリした気持ちを、お互いにぶつけ合うのは御法度。夫婦喧嘩の勃発を避けられません。先日、この憂鬱な帰省の恨みを、上手く晴らした友人がいました。彼女は、どのようにしたのでしょう・・・?

街がイルミネーションに彩られ、クリスマスムードに拍車をかける一方で、彼女はふさぎこんでいました。

結婚以来、12月31日を彼女の実家で過ごし、1月1日から3日まで旦那の実家で過ごすのが、夫婦の恒例行事。ところが、昨年はイブとクリスマスが休日だった為、連休を利用して、一足早く彼女の実家に帰省することになったのです。

旦那も、納得ずくのスケジュール変更でしたが、彼女の実家へ向かう車中、旦那が「はぁ~面倒くさいなぁ」と何度も溜め息をつくのです。

さらに「なるべくお前の実家で、ずっと寝て過ごせるように、睡眠不足で行くから」と言ったり、「本当に気が重い・・・嫌だなぁ」とぼやいてみたり。独り言のように「泊まりで行かなきゃ駄目?他人の家の風呂とトイレが本当に苦痛なんだよな」とブツブツ言うので、彼女の気持ちは、すっかり沈んでいたのでした。

もちろん、そんな状態の旦那と一緒に帰省して、楽しいわけもありません。

実家に到着してからも、携帯電話でゲームばかりして、誰ともろくに話さない旦那。イライラしている様子が、周囲の空気を悪くします。

彼女の両親も「旦那くんは、日頃仕事が忙しいから疲れているんだろう。可哀想だから、早めに帰宅して休ませてあげなさい」と言いだしました。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ