あら…我が子が肌荒れ?ニキビ?その2~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#7

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

我が子のほっぺに…ぶつぶつでかさかさな肌荒れ?ニキビ?みたいなのが発生。

本人もかゆい感じもないし、さほど心配はしてないのですが…

色々なママ友の話から調べてみるとこんな感じでした。

(「あら…我が子が肌荒れ?ニキビ?」その1はこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/family/7024/

 

質の低下している母乳を飲ませていると、赤ちゃんの肌に湿疹ができる場合が結構多いのではないかと思います。この質の低下の主な原因は、母親の食事内容です。妊娠中の食事制限の反動もしくは授乳中による空腹感を満たすために、好き放題な食生活をしている場合は、特に注意が必要です。湿疹ができやすい食事やおやつ類には、脂肪分・糖分が多く含まれているカロリーの高い食事、例えば、天ぷら、とんかつなどの和食、中華料理、フランス料理などの洋食、ケーキ・チョコレートなどの洋菓子や牛乳・乳製品の取りすぎが考えられます。

といことは…お母さんの母乳のせいなのか??

 

いやいや…そんなに言われるほど乱れた食生活してないと思われる。

その頃は、私の実家に里帰りして…バランスを考えてご飯を食べてたからである。

となる一概に母乳のせいでもないのかも…。

 

しかし、我が子が唯一食べているのは、お母さんの母乳のみ!!

そうだとすれば…その影響は絶大なものである。

 

あの母乳の中に、どれだけの栄養と愛情が詰まっているのだろうか~

日に日に成長する我が子を見ては…その母乳の重要さに気づく。

 

となれば…この子の良いも悪いも影響を与えているのか?この肌荒れも。

 

お母さんが食べる色々なものの栄養が直接子どもに伝わる母乳

子どもの為に、好きな物・美味しい物・脂っこい物などなど…

妊娠中よりも配慮していかないといけないとのこと

 

今、現在は娘の肌荒れも落ち着いてきました。

きっと目に見えないところで、奥さんのそういう頑張りがあっていると思います。

 

何気ないモノが影響を与える子育て

 

お母さん達もそうやって…子どもと関わっていく

 

なら

お父さんもできることを…

何気ないモノも見なおしていく機会かもしれません。

 

今までからチェンジするには「子育て」なのかもです!!

次回は…→#8「そもそも…なぜ子ども関係へ?」その1

 【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.4.29時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ