【披露宴でドン引き】あれ?気がついたら会場がふんどし祭りに…

バイト先で仲良くなったMさんが結婚する事になり、披露宴に参加することになりました。滞りなく進む結婚式で、新郎Mさんの友人達の余興が始まった瞬間、会場内の空気が一変したドン引き体験談です。

Table setting for an event party or wedding reception

大学生時代に、某ファミレスで接客のアルバイトをしていました。その店にいた入社3年目のMさんは、明るく楽しいキャラクターでスタッフやお客さんからも大人気。そのMさんが結婚する事になり、披露宴に招待された私たちは、当日をとても楽しみにしていました。

 

披露宴は滞りなく進み、新郎新婦のご友人による余興タイムに。

「新郎側は、大学時代同じラグビー部だったご友人による余興です」というアナウンスが入り、会場が暗くなりました。湧き上がる拍手の中、会場前方にスポットライトが当てられ、みんなが注目しました。

stage spotlights background

そこにはガタイのいい男性たちが5、6人、堂々と立っていました。ふんどし一丁で。

「新郎新婦の~門出を祝って!」

中心に立っていた男性が大きな声を張り上げて、それに合わせて全員中腰に。手を前後に波状にして、掛け声をかけながらその動きを繰り返します。

「声が小さい!」と中心の男性が叫ぶと、掛け声も動きも更に大きくなります。

 

静まり返った暗い会場内には、スポットライトに照らされたふんどし一丁の筋骨隆々の男性たちの野太い掛け声だけがこだまします。

ただ、同じ掛け声と動きを繰り返すふんどし姿の男性たちの異様な行動に、私はどう反応して良いのか分かりません。隣に座っていたアルバイト仲間たちも、ポカーンと見つめています。

刺激が強すぎたのか、小さなお子様を連れてこっそり会場を出るお母さんの姿も。

「おっと!これは、新郎の出身大学で行っている応援スタイルです!」

司会者の声もむなしく、会場内は何の反応もありません。拍手も歓声もおこることなく、異様な余興は続きます。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ