事務員が次々辞めていく…ネチネチ女上司にドン引き!

社会人1年目に出会った私の直属の女上司は、まるで意地悪な「姑」のように口うるさい女性でした。業務とは関係ないことでいちいち注意してくる上司にドン引きした私の体験談です。

私が初めて就職したのは、カーディーラーのショールームでした。私はそこで受付事務として雇われていたのですが、25歳年上の女上司はとにかく口うるさい女性だったのです。

入社してすぐは仕事を覚えるために必死な日々を過ごしていました。最初の頃、そんな私に女上司はとても親切でした。

「優しい上司でラッキーだなぁ」なんて思いながら過ごすことひと月、会社の雰囲気にも慣れ、仕事も覚えて、社内のみんなとお喋りなどをする余裕も出てきました。

しかし、私がほんのちょっとでも他の社員と雑談しようものなら、私の前の席にいる女上司が、「お喋りしてないで仕事を進めなさい」とすかさず注意してくるようになりました。そのくせ、自分の機嫌がいい時には世間話をたくさん振ってくるし、私のプライベートのこともよく聞きたがってきました。そんな女上司に振り回されるようになったのはこの頃からだったように思います。

この女上司は本当に細かいことまで注意してくる人でした。ですが私も社会人1年目だったので、全てに耳を傾けて、注意されたことはしっかりと気をつけるようにしていました。

数ヶ月もすると仕事にもすっかり慣れ、女上司の指示を仰ぐこともなくなり、細かい注意もされなくなってきました。私も仕事中、だいぶ気持ちが楽になったのを感じていた頃、今度は仕事とは関係ないことで注意されるようになったのです。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ