あっけなく息子のトイレトレーニングを成功させた夫のアイディア

3歳になってもトイレでおしっこができなかった息子。私はトイレに連れて行っても空振りばかりの毎日に焦りを感じていたのですが、ある日夫がある提案を。
息子にはこれが効いたようで、数日でオムツを卒業。男同士ならではの機微を感じた体験談です。

AA013106

長男は3歳になってもなかなかトイレトレーニングが進まず、オムツ外れまでにかなり時間がかかりました。
お友達が続々とオムツを卒業していく一方で、いつまでも紙おむつが手放せない長男。
布パンツになってスッキリした制服姿のお友達にひきかえ、オムツで膨らんだズボン姿の長男の姿は一段と幼く見えました。

これではいけない!と焦った私。
それまでのんびり進めていたトイレトレーニングに本腰を入れることにしました。

まず試してみたのが時間ごとのトイレへの誘導。
寝起き、登園前、夕食前、就寝前には必ずトイレへ誘い、しばらく便座に座らせてみました。
でも、「おしっこ出ないよ~」とトイレットペーパーをちぎったり、スリッパを飛ばして遊んだりするばかり。

本人が行きたくなるまで待つしかないか・・・。
と、息子のおしっこのタイミングを待つことにしたのですが、待てど暮らせど、訴えはナシ。
おかしいな・・・と思ってトレーニングパンツをチェックすると、既におしっこは終わったあと。

「おかあさん!おしっこ―!」
の声に、「きたきた!」と喜び勇んでトイレに連れて行っても、やっぱりダメ。
便座に座っても、「おしっこ出ない・・・」となぜか便座を降りてしまいます。
それなのに、トイレから出てしばらく遊んでいると、いつの間にかおもらしをしているという状況でした。

おしっこが出そうな気配は、長男も分かっているはずなのに・・・。
溜まっていくトレーニングパンツをジャブジャブ洗いながら、泣きたい気持ちでいっぱいでした。

1 / 2

この記事もおすすめ