「あなたのう〇ちは、何色??」その2~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#11

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。

とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。

 

またもや正午の昼食時にすみませんww
タイトルのような内容ですので、再度ご了承をww

そうそう…我が娘が生まれて間もない時に…
薬草みたいな緑色のう〇ちを出した話です。(前回はこちら

 

赤ちゃんはまだまだ思い通りに、自分の感情を伝えきれません。

喋れないし、動けないし…
だからこそ…泣くことで自分の感情を伝えようとする。

「泣くのが仕事!!」ってよくいいますよね…

お腹が減っては泣いて、眠たくて泣いて、恋しくて泣いて…
赤ちゃんにとって「泣く」ということは大切です。

決してこんなに地味には泣きませんww口を開けて、真っ赤になって泣きます。

決してこんなに地味には泣きませんww口を開けて、真っ赤になって泣きます。

その「泣き」とかでも機嫌や赤ちゃんの色々な状態とか分かるのですが…

もう1つ分かるのが…そう「う〇ち」の状態です。

 

赤ちゃんのう○ちには、その子の健康状態が現れるとのこと。

なんと大人が驚くようなう○ちでも、ほとんど心配はないとのこと。

 

ということで、我が子の緑う○ちは大丈夫!!

 

ちなみに緑のう○ちは…

うんちが酸性になり、胆汁が変色して緑色になったものらしいです。

 

他にも…心配ないのが、

黄色やツブツブのう○ちは問題ないとのこと。

 

そもそも…赤ちゃんのう〇ちは、母乳でも粉ミルクでも、腸内にとどまる時間によって
色が変化します。腸内にガスがたまっていると、うんちが緑色になったりすることもありるとのこと。

 

なるほどなるほど!!

健康状況を確かめる為にも…日々のう○ちの観察は親の役目ですね!!

なるほど~なるほど!!ん?なんだこれ?この色は一体何??

なるほど~なるほど!!ん?なんだこれ?この色は一体何??

しかしながら…緑とかは心配なくても注意すべきう○ちもあります。

 

酸っぱいにおいの白いうんち
ウイルスの感染で、冬から春先に起こりやすい病気です。
米のとぎ汁のようなうんちが1日に何度も出て、
酸っぱいにおいが特徴です。

 

血液が混じった下痢
O-157など大腸菌による大腸炎のときは、
血液がまじった下痢をすることがあります。

 

イチゴジャムのようなうんち
腸の一部が腸の中にもぐりこむ
腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)の症状の特徴です。

 

灰白色のうんち
肝臓でつくられた胆汁の通り道がふさがっている
先天性の病気(先天性胆道閉鎖症)では、灰白色の便が続きます。

 

(HPで調べると色々出て来ます。)

やはり…赤ちゃんもそうですが、大人も…
「う○ちは出してなんぼ!!」ですね!!

我が子も、まだまだゆるゆるう〇ちですが…
上手にできるようになり、1日の回数も生まれた頃より減り…
所謂「ザ・う○ち」の色でしっかりとしています(笑)

 

ということで2週に渡り…お昼の時間に…
う○ちの話で失礼しました。何回「う○ち」「う○ち」言ったんでしょうねww

次回は→#12 「子育て世帯臨時特例給付金ってなに??」その1です。

【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.5.27時点のものです

やのっちパパっち 矢野浩樹

福岡県朝倉市出身。大学卒業後、独学で保育士資格を取得。その後、学童保育指導員・保育士・子育て支援アドバイザーを経て…現在も子どもや若者育成の仕事に携わる。常に子どもたちと触れ合うここ数年。プライベートでも福岡などで多方面に活躍中。(マダガスカルのクバーラなど)現在32歳、今年1月31日に待望のパパとなる。これまでに保育士として幼児と関わり、アドバイザーとして「子育てとは?」を唱えてきたそんな「ド素人以上プロ以下の新米パパ」の子育てコラム。毎週火曜昼下がりに更新中!

この記事もおすすめ