会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!

「会いたい」or「会いたくない」という自分の意志に関わらず、もはや「会う」ことが妻としての義務でしかない姑との間柄。こんなふうに私が憂鬱に感じ、疎遠な関係になってしまうきっかけとなった、姑から言われたドン引き発言の話です。

我が家から夫の実家までは、車で片道約2時間。
ちょっとした日帰り旅行です。
そのため、中々タイミングがない中、わざわざ時間を作って夫の実家に行くのですが・・・
会う度に、「全然顔を出さない」と、嫌味しか言わない姑。
この姑の言葉が、実家への足取りをさらに重くするのです。

時は、いつかの正月。
新年のご挨拶で夫の実家に行った時のことです。
田舎にある夫の実家では、近所の人たちも集まって小さな宴会が開かれていました。
そこで、「息子家族です」と、義父から紹介されたのですが・・・
その場でみなさんにご挨拶をしようと笑顔で準備していた私の笑顔を一瞬にして消したのが、姑でした。

「もうね~、何してるんだか分からないんだけど、全然顔を出さないの~」

出ました、姑のお決まり文句。
でも、今はこうして会いに来ているし、そもそも、みんなの前でまでこんな風に言われるんだ・・・と、萎える私。
ところが、そんな私の気持ちなんておかまいなしの姑の口は、止まりません。

「しかも、顔だけ見せればいいと思ってるみたいで~」

お酒の力なのか、昼間から飲んでいるせいなのか。
どちらにしても、酔っ払っていい気分になっている周りのみんなは大笑い。
でも、私が笑えるわけがありません。
むしろ、耐え難い怒りがふつふつと湧き上がってきます。

1 / 2

この記事もおすすめ