こどものためのワークショップ博覧会☆遊んで学ぼう!科学とデジタル

昨年8月、福岡で初開催され、2日間で約1万8千人もの来場者でにぎわったこどものためのワークショップ博覧会 『ワークショップコレクション』。今年は『ワークショップコレクションミニ in 福岡 2017』として8月19日(土)と20日(日)、福岡市・大名の「FUKUOKA growth next」(旧大名小学校)で開催されます!

ワークショップコレクションは、世界初のこども向けワークショップに特化したイベントとして2004年に東京でスタート。造形・絵画・サイエンス・映像等多彩なプログラムを展開するイベントです。

主催は、子どもたちの創造力や表現力を刺激するクリエイティブワークショップを企画・開催しているNPO法人CANVAS(キャンバス)。昨年福岡で開催されたイベントでは、約35出展者が様々なワークショップを展開し、未就学児から小学生まで多くの子どもたちがワークショップを通じて、遊んで学ぶ楽しい時間を過ごしました。

今回のワークショップコレクションのテーマは「遊んで学ぼう!科学とデジタル」。今話題の「STEAM教育」が体感できるプログラムとなっています。

STEAM教育とは・・・?

Science(科学)
Technology(技術)
Engineering(工学)
Art(芸術)
Mathematics(数学)

これらの頭文字をとり、科学・数学・芸術領域に力を入れる教育方針・教育方法のこと。

日本では、『2020年から小学校でプログラミング教育を必修化する』文部科学省の発表があり、STEAM教育について耳にしたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか?「STEAM教育とは何?」「何から取り組んだらいい?」と悩んでいる方にもおススメのワークショップ。ぜひお楽しみください♪

【出展者・協賛企業・メディアパートナー募集中】

第1次募集締切:2017年6月16日(金) 応募要項は下記HPまで

http://www.wsc-fukuoka.jp

※情報は2017.6.6時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ