ソーシャルハラスメントにうんざり!Facebookで公開説教する姑

職場の上司や同僚、それほど親しくない知人と、SNSで繋がって、気まずい思いをしたことはありませんか?一度繋がってしまうと、途中からブロックして、疎遠になるのは至難の業。友人は、Facebookで姑と繋がったばっかりに、大変なストレスを抱えることになりました・・・。

moodboard/iStock/Thinkstock

ソーシャルハラスメントとは、FacebookやTwitterといったSNS上に、現実社会の力関係を持ち込んで、嫌がらせ行為を行うこと。会社の上司や親しくない人から、友達リクストの承認や《いいね!》ボタンを押すことを強要されたり、プライバシーに踏み込んだ発言をされると、気分が良くないですよね。

友人の場合、ソーシャルハラスメントの相手が、姑でした。

以前は、毎日のようにFacebookを更新していた友人A。学生時代の仲間と気軽にやりとりをしたり、近況報告をするのに利用していました。ところが、ある日、パタリと更新が止まってしまったのです。どうしたのか尋ねると、「姑が毎日毎日、私のことを監視するの!姑とFacebookで繋がらなきゃ良かった!」と愚痴を言い始めました。

Aは、週に一回、離れて暮らす姑に、子どもの写真と成長報告をメールで送っていました。Aの子どもは、2才と3才の男の子が二人。ただでさえ大変な年子育児で、元気いっぱいの男の子達に振りまわされて、疲労困憊な毎日。
姑が「週に一回なんて少なすぎる!もっと可愛い孫ちゃんの写真を送ってきて頂戴!」と催促するたびに、簡単な近況報告すら面倒になり、メールをするのが億劫になっていきました。

そこで、プライバシー設定をしっかり対策しているFacebookに、子どもの写真をアップして、好きな時に姑が写真を見られるようにしたのです。これで、いちいちメールしなくていいと安心したのも束の間、姑はFacebookの使い方をマスターして、彼女の投稿にいちいちコメントをするようになりました。

1 / 2

この記事もおすすめ