産後《おじさん化》が止まらない!女子力を取り戻したいと思ったきっかけは・・・

「女性らしいことから、とんと離れていたら、体が『女じゃなく男だったかな?』と勘違いしたみたいで、本当に男みたいになってきたんだよ。久しぶりにじっくりと鏡を見たら、口の上の産毛が、ポワポワと濃くなって、まるで男子高校生みたいなの!結婚前に大金を費やして、全身永久脱毛したのに、すね毛なんて、見たこともない剛毛が生えてくるんだよ!ほら見て!!」

たしかに、むき出しにされた彼女のすねには、男性のように太くて濃いすね毛が、ピンピンと元気よく生えていました。けれど、産後は女性ホルモンの分泌量が変化するので、誰でも、体毛が濃くなったり、脱毛が増えて髪が薄くなったりするもの。

「私も体毛濃くなったよー!みんな一緒だよ」と慰めると、彼女は憤慨しながら言いました。

「でも、毛が濃くなったって、男に間違われないでしょ?この前、家族でお出かけしていたら、若い女の子達がすれ違いざまに『きゃ〜!今の見た見た?あれって流行の男夫婦〜?!パパ二人の育児ってどんな感じなのかな〜』って話してたんだよ!!男夫婦って・・・」

dolgachov/iStock/Thinkstock

男に間違われた・・・とショックを受けていたら、女の子達の会話を一緒に聞いていた旦那が、「今のお前、おばさんっていうより、おじさんって感じだもんな(笑)」と追い打ちをかけてきました。

このとんでもない事件以降、ファッショやメイクを、意識して女性らしく変えているのだとか。
ちなみに、彼女をおじさん呼ばわりした無神経旦那は、罰金としてお小遣いが一万円ダウン!旦那から巻き上げたお小遣いのお金で、自分用の可愛い下着を、4年ぶりに新調したのだと、彼女は笑って教えてくれました。

2 / 2

※情報は2017.9.14時点のものです

tsukuko

やんちゃな3歳男児と、おしゃまな5歳女児のママ。幼稚園、保育園、ご近所のママコミュニティを回遊中。

この記事もおすすめ