パニック!朝起きたら目が見えない?!授乳中のスマホで起きた目のトラブル

出産直後、女性の体が受けるダメージは、交通事故と同程度だと言われています。

子宮が元のサイズに収縮する時の後陣痛や、おまたの傷の痛みも相当なものですし、広がった骨盤はグラグラ!急変するホルモンバランスの影響で、気分が落ち込んだり、抜け毛が増えたりもします。

こんなに体が変化しても、頻繁な授乳やオムツ替えに忙殺されて、自分のことは二の次、三の次・・・になってしまうのですが、そのまま放置すると、危ない体の変化があるようです。

産後のママの必需品といえば・・・スマホでしょう。
可愛い我が子の写真を記録するため、スマホは手放せません。

はじめての育児で分からないことは、ネットの集合知に答えを求め、時には先輩ママに相談していることでしょう。
几帳面なママであれば、授乳やオムツ替えの頻度や時間を、スマホアプリにメモしているかもしれません。
赤ちゃんと二人っきりの生活が続き、世界から隔絶された気分になった時、友人とSNSで繋がることが、どれだけママの心を救ってくれることか!

産後ダメージを受けた体に鞭打ち、たった一人で育児に奮闘する産後ママにとって、スマホは心強い味方なのです。

ところが、出産直後は、目を酷使してはいけないと言われています。特にスマホの画面の明るさは、要注意!
長時間、スマホの眩しい光を見ていると、目の疲労が高まり、視力が落ちるかもしれません。

ある友人は、手伝いに来ていた実母から「産後すぐスマホを見るのはやめなさい。目が見えなくなるわよ」とたしなめられましたが、「そんなの迷信でしょ?」と、産後スマホを手放すことができませんでした。

特に、スマホが欠かせなかったのが、深夜の授乳タイム。眠気覚ましのために、スマホで電子コミックを読み漁るのが日課に。赤ちゃんが母乳を飲みながら、ウトウト眠れるように、寝室の電気は消したまま。スマホ画面の明るさを、一番暗いモードにして、薄暗い部屋の中でスマホの画面を見ていました。

深夜、赤ちゃんが泣いても、旦那が起きることはありません。彼女は一人、慣れない育児で疲れ切った重い体を起こし、赤ちゃんをあやし、オムツを替え、授乳をはじめる時、必ずスマホが傍らにありました。

一時期、スマホやテレビを見ながら、”ながら授乳”をすると、サイレントベビーになる・・・そんな話が、ママ達の間で話題になりましたが、深夜の授乳の時に、スマホが手放せなかった彼女を、誰が責められるでしょう。

彼女が、深夜のスマホ見ながら授乳を一ヶ月続けたある日、目を覚ますと、突然、目が見えにくくなっていました。
視界がぼんやり白いモヤがかかっているようで、周りがよく見えません。焦って目薬をさしても、モヤは晴れず、手探りで支度をして、赤ちゃんを抱っこして眼科に急ぎました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ