えっ それがお中元のお返し?!義母の非常識過ぎる対応に怒り心頭

以前、お盆に義実家に帰省した時のことです。どうせ訪問するならと、お中元を送るのではなく手渡しすることにした私たち夫婦は、手土産がてら「とらや」の羊羹を持参しました。すると、義母から驚愕のお礼が返ってきたのです。

IPGGutenbergUKLtd/iStock/Thinkstock

義実家への久しぶりの帰省ということもあって、手土産をちょっと奮発した私。

義母のために用意したのは、とらやの杉箱入り羊羹。
とらやの羊羹と言えばお中元の鉄板アイテムですが、山間の田舎に住んでいる義父母にとっては超レアで喜ばれる贈答品です。

「なんだか申し訳ないわ~」
のし付きのとらやの杉箱を手にして若干恐縮しているのか、いつになくしおらしいコメントの義母。

「私は市内まで月イチで病院に通ってるけど?」
「週末も休めないほど仕事が忙しいの?」
など、いつもの嫌味が義母の口から出てこないことに、私はホッと胸をなでおろしていました。
多少のお金はかかったとしても、ストレス過多な義実家への帰省で円満に滞在時間を過ごすことは、私にとってとても大切なことなのです。

しかし・・・
やっぱり、義母は義母。

手渡したとらやの羊羹を振る舞うことなくそそくさとしまい込む仕草には、正直、身内として残念な気持ちでいっぱいに。
ところが、そんな私が更に驚くだけでなく、怒りを抑えられなくなる事件が起こったのです。

羊羹を仏壇の脇に置いた義母は、同じ場所からお中元にもらったものと思われるビールケースを抱えてリビングに戻ってきました。
そして、私の目の前で箱に付いていたのしをビリビリと破り取り、こう言ったのです。

1 / 2

この記事もおすすめ