「おまえに同居を断る資格ないから」義親との同居を強要する旦那に天誅!

昔今、女性達を悩ませてきた、義親との同居問題。
嫁なら同居を受け入れて当たり前と思っている義親と、「パート主婦のくせに」とモラハラ発言で同居を強要する旦那に、毅然と立ち向かう勇敢な女性に出会いました。彼女は、どのように同居回避に向けて動き出したのでしょう・・・。

「ついに同居決定かもしれない」

30代既婚者、二人の子供を育児中で、パートで働く彼女は、浮かない表情で、そう漏らしました。

JackF/iStock/Thinkstock

そもそも、この同居話が持ち上がってきたのは、今年のゴールデンウィークの頃。
義親から「そろそろ同居の計画をたてよう」と言われて驚いたのがきっかけでした。彼女にとっては、寝耳に水でしたが、旦那も了承済みの話なのでしょうか。彼女は、旦那に目を向けましたが、義親に反論するでもなく、さも当然のように頷いています。

「同居なんて嫌です!とんでもない!」と拒否する仲間を失った彼女は、その場で反論も快諾もできずに、曖昧な笑顔でやりすごしたのでした。

そもそも彼女は、結婚と同時に、旦那の持ち家のマンションに引っ越したため、別居が当然、同居なんて他人事だと思っていました。
しかも旦那は「地元は嫌いだ」と言っていたのです。

義親が住むのは、市街地から離れた郊外の住宅街で、自然豊かな場所ですが、夜になるとバイクや車を走り回す柄の悪い輩が多く、子育てに向いているとは言えません。旦那自身、大学進学を機に地元を離れて一人暮らしをはじめ、20代半ばの独身時代にマンションを購入していました。

そしてそのマンション周辺は、購入した当初はスーパーやコンビニすらない、寂しい立地だったのですが、約10年の間に開発が進み、高層マンションが建ち並ぶ人気エリアに成長していました。

elxeneize/iStock/Thinkstock

急成長中の街には、若いファミリー世代が集まります。巨大なショッピングモールやレジャー施設、教育施設も充実した便利なエリアから、義親の住む寂れたエリアに引っ越すメリットはあるのでしょうか。

さらに子供達が赤ちゃんの頃から親しくしているママ友や、子供の幼なじみもたくさん住んでいる場所です。旦那の職場や、彼女のパート先にも近いこの場所から引っ越すなんて考えられない・・・と旦那に訴えましたが、旦那は聞く耳を持たず。

そればかりか、旦那は頭ごなしに、こんなことを言ってきたのです。

「そもそもこのマンションは自分が購入したものだ。購入した時よりも、価格は上がっているんだから、賃貸に出せば、定期的な収入になる。
もしかしたら、お前がパートで稼ぐ金額よりも大きいかもしれない。俺らは実家に住めば、住宅費はかからないだろ。
賃貸収入+浮いた住宅費が、子供の教育資金になるんだぞ。月々いくら増えるのか計算してみろよ」

たしかに人気エリアになった今、築年数が10年を越えるマンションでも、当初購入した以上の資産価値になっていました。旦那の言う通り、このマンションを賃貸に出せば、月々十何万円もの賃貸収入が入るようになるでしょう。売りに出したとしても、購入した時以上の価格で売れることは明確でした。

それでも納得いかない彼女は、同居を阻止しようと食い下がりますが、旦那はにべもなく、こう言い放ちました。

「正直、おまえよりも、このマンションの方が資産価値があるんだよ。
おまえが、旦那の親と暮らしたくない、そんな精神的な理由だけで、このマンションの稼ぎを邪魔するなら、もっと稼いでこいよ。お前に同居を断る資格はない」

そんなモラハラ発言をされた彼女は、以前から頭に浮かんでいた計画を実行に移すことにしました。

1 / 2

この記事もおすすめ