老化のスピードを決めるのは〇〇と〇〇!vol.1

さて、夏の疲れが出るこの頃ですが、
皆さま、最近、【老化】を実感することが増えていませんか?

美容の観点からだと、
シミ、シワ、たるみにくすみ、などの『肌老化。』
白髪や薄毛、コシのなさ、などの『髪老化。』
二の腕、太もも、お尻の下垂などの『体型老化。』

こうやって、書き出すだけでも
なんだか暗くなってきそうな、、、老化現象の数々、、。

1日24時間。
1年365日。

オギャーと生まれてから、重ねた年月は誰しも平等なはず。
なのに、同じ年齢でも
見た目がとても若く、老化を感じない人と、年齢以上に老けて見える人。

なぜ?見た目年齢にこんなに大きく差が出るのでしょうか?

それは、老化のスピードの差なんです!
原因は色々あれど、老化のスピードを速める
2大原因と言われているのが

【酸化】と【糖化】

【酸化】とは
切ったリンゴが赤茶けてくるように、
私達の身体が、活性酸素によって”錆び”つき、細胞が変質したり、遺伝子が傷ついたりすることです。
その結果、美容的な老化現象は勿論、重篤な病気の引き金にもなると言われています。
ですが、私達人間は酸素を吸って生きている以上、この【酸化】は避けて通ることはできません。

そこで!注目されているのが
【抗酸化】物質!
そう、書いて字の如し、、。
酸化に抗う。酸化を防ぐための、物質です。

その”抗酸化物”がたくさん含まれてる食べ物を毎日、積極的に食べて、
自分の身体が錆びつかないように、お手伝いしてあげれば、老化のスピードをも緩み、
さらに・・・若返り〜♪ もできるってこと!
これはもう食べるしかないでしょ!

抗酸化作用の強い成分は
●ビタミンA
●ビタミンC
●ビタミンE
●βカロテン
●亜鉛、セレンなどのミネラル
●セサミン、アントシアニン、カテキン、ケルセチンなどのポリフェノール類

で、私のお勧め食材は
卵、納豆、キャベツ、人参、アボカド、ほうれん草、ニンニク、アーモンド、
レモン、モロヘイヤ、ブロッコリースプラウト、牡蠣、イワシ、
牧草牛、赤ワイン、玉ねぎ、ココア、チョコレート、烏龍茶、等々

スーパーフードの中では、
スピルリナと言う藻の一種や、ココナッツオイルも最高に◎。

そんなに特別なものじゃ無いでしょ?
色の濃いお野菜をタップリ食べて、
お魚は青魚。
卵と納豆、おやつにチョコとナッツも忘れず、ワイン飲むなら赤でしょ。
っと、

毎日、ただ、食べたいものだけを何も考えずに食べてないで、
抗酸化をしっかりと意識した食事をすることが大切なんです。

それと、もう一つ見落とせないのが、
そもそも、酸化した物を食べないようにする。ってこと。

私達の食生活で1番、酸化しやすい物!
それは、、、、、。

この続きは次回に詳しくお話しします。
どうぞ、お楽しみ〜♪

※情報は2017.10.6時点のものです

中野ちさと

ビューティークリエーター。株式会社&C代表取締役社長。ミスユニバース・ジャパン・福岡・長崎ビューティーキャンプ講師・審査員。1977年ミス福岡。西日本を代表するファッションモデルとして活躍。さらにエッセイを雑誌に掲載。女性の生き方などをテーマに、企業や専門学校で講演活動も行う。福岡市に日本初のレンタルブティック「21st.(トゥエンティーファースト)」をオープン。現在会員数3万7000人。キレイになりたい人のためのレッスン『中野ちさと美容道場』を主宰し多くの女性たちの注目を集めている。2015年ミセス日本グランプリ受賞。著書『ひらけ!美の鏡』西日本リビング新聞社・ココナツオイル&低糖質『麗しの最強レシピ』みらいパブリッシング
ブログ:中野ちさとの美容道場 http://ameblo.jp/chisaton21/
フェイスブック:https://www.facebook.com/nakanochisatobiyoudoujou/
ホームページ:http://www.and-c.co.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ