憧れる上司はどんな人?出会えた人は「3割」

皆さんは人間関係が原因で、仕事へのモチベーションが変わったりしますか?

特に、上司との関係というのは、多少自分との間に差があったりもするため、気をつかったりもして常に気を張っていることも多いのではないでしょうか。

そうなってくると、「○○さんの下なら、私もヤル気が出る!」「あの人はすぐに人の粗探しをするから一緒に働きたくない」など、上司に対して様々な感情を抱くかと思います。より良い仕事をしていくためには、「嫌い」という負の感情よりも、「好き・憧れ」などを思われた方が嬉しいですよね。

では実際、部下の皆さんはどんな姿を見て、上司に憧れるのでしょうか?

 

憧れの上司との出会いは約30%?

2017年10月22日~24日の期間中に、全国の男女約8,000人にアンケートを通して、質問に回答して頂きました。

まずは、皆さんが今まで働いてきた中で、憧れてしまうような上司に出会ったことがあるかどうかを見ていきましょう。

■ある…31%

■ない…48%

■分からない・覚えていない…21%

「ない」と言う回答が約半数を占める中、「分からない・覚えていない」が21%もいました。

これらは、「ムカつく上司なら山ほどいた」「顔は良いけれども、人として尊敬などは出来ない上司ばかりと出会ってきた……」「上司の記憶がほぼない」など、ほとんど似たような理由で「ない」「分からない・覚えていない」と回答する人が約7割を占める結果となりました。

しかし、ほとんどの方たちがそのような考え・発言をする中、「ある」と回答した人は31%いました。

では、皆さんがどのような所で憧れを抱いたのか、実際に憧れる上司に出会ったことのある人にはその上司の特徴を、まだ出会ったことのない人達にはどのような上司であれば憧れを抱くのか考えて頂きました。

 

〈あなたが憧れる上司の特徴をひとつあげるとしたら、どのようなところですか〉

1位/責任を持って部下を守ってくれる

2位/リーダーシップがある

3位/決断力がある

4位/マネジメント力が高い

5位/信頼してくれている

6位/丁寧に仕事を指導してくれる

7位/技能力が高い

8位/部下の悩みをしっかりと聞いてくれる

9位/気軽に話しかけたり、気遣ってくれる

10位/怒らない

 

3位/決断力がある

上に立つ立場の人間だからこそ、 判断を任されていたりしますよね。

部下である社員からしてみると、 決定権などを与えられている上司だからこそ、 「こうしたら成功するイメージが出来る」など瞬時に判断をし、 決断する能力がある人間に、 上司としての憧れを抱くようです。 確かに提示した内容に対し「うーん。 どうかなー?」と目の前で悩まれたりしたら、 なんだか不安になってしまいますよね。

 

2位/リーダーシップがある

一部では、上司ではなく部下が発揮すべきとも言われている「リーダーシップ」が2位に選ばれました。

上司だけに全てを任せるのは良くないので、確かに部下の立場である人間の中にもリーダーシップのある人がいるのが理想的ではありますが、やはり最終的な判断をしたり、部下が少し違った発言をした際にすかさず、助言を入れてくれるような上司がいたら、とても嬉しいですよね。そういった意味なども含め、「リーダーシップがある」人間が上司であると、「私もああいう人になりたい」と憧れる部下も増えるようです。

 

1位/責任を持って部下を守ってくれる

そして、2位と10ポイントも差をつけて1位に輝いたのは「責任を持って部下を守ってくれる」でした。

「いくらバリバリに仕事が出来る人であっても、部下のミスなどを他人事のように見て見ぬふりをする人なら、上司として尊敬したくない」と思う人が多いようです。確かにそういった人の下では、あまり働きたいとは思えないかもしれませんね……。

上司の皆さん、これから上司になりたいと考えている皆さん。

この結果をみて、どう思いましたか?全員が全員こう言っている、思っているわけではありませんが、こういった意見もあるんだなーと、頭の片隅にいれておくのは如何でしょうか。

 

アンケート期間:2017年10月22日~10月24日

アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、 インターネットを通じアンケートを実施

出典:http://katte2q.com/understand/8935/

 

※情報は2017.10.31時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ