5000円のふるさと納税で、佐賀の伝統工芸を応援する「市民パトロン」募集!

 世界各地で難民支援や災害救援を行ってきた認定NPOピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2016年に伝統工芸支援事業『ピースクラフツ SAGA』をスタートさせました。

 佐賀には伊万里・有田焼や唐津焼といった陶磁器をはじめ、豊かな自然と長い歴史に育まれた様々な伝統工芸品がありますが、ライフスタイルの変化やニーズの多様化に伴っていずれも売り上げは年々減少。職人の高齢化や後継者不足といった課題も重なり、長らく苦境に立たされています。

そんな中、『ピースクラフツ SAGA』では「工芸最先端宣言 !」を掲げ、伝統技術や様式を基盤にしながらも、新たな素材や技法、デザインなどに挑戦する伝統工芸の担い手を応援するため、5000円の「ふるさと納税」から参加できる工芸事業者の支援活動「市民パトロン」運動を推進。ふるさと納税を受けた佐賀県からの交付金を活動資金として、[1]返礼品に当てる伝統工芸品の購入、[2]生活者のニーズ・市場調査、[3]国内外デザイナーとの商品開発、[4]展示会・見本市への出展、[5]新規販路開拓という5つの支援活動が行われています。

 

『ピースクラフツ SAGA』の仕組み

佐賀県は、全国に先駆けて「ふるさと納税」を利用したNPO法人の支援制度を確立しています。支援者は応援したいNPOを指定して「ふるさと納税」=寄付をします。県の税収5%を除く、寄付額の95%が活動資金としてNPOに交付されます。PWJが展開する『ピースクラフツSAGA』も、本制度を活用した支援事業です。寄付の返礼品として佐賀の伝統工芸品を選んでもらうことで、寄付者「市民パトロン」にその良さ・価値を再発見してもらい、活動を継続的に支援してもらうのが目的です。 

この機会に、ふるさと納税で、佐賀の伝統工芸を応援しませんか?

※ふるさと納税は、自分の生まれ故郷に関係なく、全国の好きな自治体に寄付できます。 

※『ピースクラフツSAGA』の返礼品ラインナップは、以下サイトをご覧ください。 

『ピースクラフツ SAGA』ふるさと納税申し込み

『ピースクラフツ SAGA』ホームページ

 

※情報は2017.11.16時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ