オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団誕生! “男劇団 青山表参道X”

今年で創立47年目を迎えた芸能プロダクションのオスカープロモーション。“美の総合商社”として、1987年から開催し、今年30周年の記念大会を行なった“全日本国民的美少女コンテスト”は米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、河北麻友子、X21などを輩出し、“美しい女性のオスカープロモーション”というイメージが強かったが、この度、その定説を覆したイケメン男子30人による初の男性エンターテインメント集団“男劇団 青山表参道X”をデビュ-させることが決定し、そのお披露目記者発表会が11月14日、東京、港区芝公園のザ・プリンス・パークタワー東京にて盛大に行われた。

メンバーはオスカープロモーションの若手男性俳優から選抜された30人で、平均年齢22・7歳、平均身長178・5センチ。

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝き、「仮面ライダー」の主役を演じた「西銘駿」や「飯島寛騎」、「牙狼<GARO>」の主役を演じ「ジャパンアクションアワード2016」ベストアクション男優賞優秀賞受賞の「栗山航」、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞を受賞、スーパー戦隊シリーズ「獣電キョウリュウジャー」のグリーンを演じた「塩野瑛久」をはじめ。全員がタキシードを着こなしてポーズを決めた。

“男劇団 青山表参道X”のリーダーは栗山航(くりやまわたる、26歳)で、座右の銘は《十人十色》。

「エンターテイメント集団として、様々なジャンルに挑戦していきたい。芸能界にオスカープロモーションらしい爽やかな風を吹かせたいです。『オスカープロモーションには男もいるんだぞ、男も負けていないんだぞ!』と皆さんに強く言いたいですね」と挨拶。

副リーダーの塩野瑛久(しおのあきひさ、22歳)の座右の銘はマンガの「ワンピース」からの《女のウソは許すのが男だ》。

「エンターテインメント集団を立ち上げてお披露目出来て大きな意味がある。オスカープロモーションが男性に力を入れていくことは嬉しく思います。チャンスだと思っています」

最後に締めの言葉を求められて「僕ら、失敗しないので」と言いながら「30人引き連れて米倉さんに謝りに行きたいと思います」と会場を沸かせていた。

尚、“男劇団 青山表参道X”の“X”は、「“Doctor-X”や“X21”のように、オスカープロモーションでは縁起の良い文字なので付けていただいて嬉しいです」(栗山航)

12月25日には クリスマスファンイベントも開催される予定。

■『男劇団 青山表参道X』メンバー

栗山航(くりやま・わたる リーダー)、塩野瑛久(しおの・あきひさ 副リーダー)、西銘駿(にしめ・しゅん)、飯島寛騎(いいじま・ひろき)、村上由歩(むらかみ・ゆうほ)、小沼将太(おぬま・しょうた)、仲田博喜(なかだ・ひろき)、宇野結也(うの・ゆうや)、定本楓馬(さだもと・ふうま)、水江建太(みずえ・けんた)、中村嘉惟人(なかむら・かいと)、岡宮来夢(おかみや・くるむ)、田中ジョシュア(たなか・じょしゅあ)、池上翔(いけがみ・しょう)、新井裕介(あらい・ゆうすけ)、春口尚人(はるぐち・なおと)、依田啓嗣(よだ・たかし)、西脇大河(にしわき・たいが)、山本学(やまもと・まなぶ)、守谷駿(もりや・しゅん)、長田翔恩(おさだ・しょーん)、明珍隼人(みょうちん・はやと)、立花裕大(たちばな・ゆうた)、沢柳健(さわやなぎ・けん)、湯本健一(ゆもと・けんいち)、佐々木駿(ささき・はやて)、土居秀士(どい・しゅうじ)、沖津海友(おきつ・みゆ)、辻憲人(つじ・けんと)、岩田知樹(いわた・ともき)

オフィシャルサイト  https://oscar-aox.jp/

※情報は2017.11.15時点のものです

この記事もおすすめ