博多駅前陥没からすでに1年 飼い主が「落ちないキットカット」を買ってきた

 ひさしぶりだニャ。

 最近は、どこもかしこも猫へのあやかりが激しい。福岡県の有名な家具のまち・大川でも「猫用の家具」を作り始めたそうで、テレビでCMまでやっておった。

 

 そんな中、あのサプリメントでおなじみのDHCも、こんな猫用おやつを発売した。

 Jの会社の人が新製品説明会みたいなとこでいただいてきた、ということでおれにおすそ分けしてくれた。

 うむむ。ちゅ~る派のおれだが、これも旨いニャ。もう残り少ないぞ。

 これは、最近の「博多駅前通り」の様子。遠く向こうにみえるのが、博多駅だ。

 なんともニャイように見えるが、昨年の11月8日には、ここに大きな穴がボッコリ空いた

大事件があった。あれから1年。早いものですニャ。

 ものすごく現場に近いけど、被害のなかったセブンイレブン。静かに営業してるニャ。

 こちら、以前「何かうかりたい人、落ちたくない人」にプレゼントした、そのセブンイレブンで売ってる「キットカット」。縁起かつぎのJは、とりあえずお店にある全種類買ってきた。

 そういえば、その時応募してこられた筑後市の方のお友だちは、このたび見事に難しい試験に合格された、とおしらせがありました。

 おめでとうございますニャン。1年近く経ってキットカット効果があらわれたわけじゃなく、その方の実力の成果ですニャ。

 福岡も朝晩とくに寒くなってきた。

 本格的には、外に出してもらえニャイおれは、こうやってベランダでプチ外出気分。室外機の上は、あったかいからニャ。

 でも、やっぱ飼い主のおなかの上のほうが、あったかくて気持ちいい。

 これからの冬場は、とくに甘えん坊になるサニですニャン。

※情報は2017.11.17時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ