#子連れ会議OKは、ほんとにOKなんでしょうか?

去る11月22日、熊本市の市議会でこんなことが起きました。
議員さんの1人が7ヶ月の赤ちゃんを抱っこし、同伴で議会に参加。議長や他の方々から色々と言われ、結局退出し、家族の誰かに預けて後に40分遅れて、議会が開始したという

所謂「子連れ会議騒動」

また色々と物議を起こし、SNSでもその討論は白熱し、ツイッター中心では「#子ども会議OK」のタグが広まっているとのこと。

いやはや、、、なんやかんや起こりますね。
違う話題なんだけど、これって「保育園落ちた…」の騒動みたいな気がして。

ならないです。=一過性で、そこだけ盛りあがり、どうにかせないけんけど、結局はなあななになる顛末。

これに関しても、そりゃ色々と意見が出るのはもっとも!!
なので私もただの一般ピーポーのパパが論じてみたいと思います。

そもそも「#子連れ会議OK」ってほんとOKなんでしょうか??

「神聖な議会の場に…」みたいな意見もありましたが、

そもそも議会にしろ国会にしろ、神聖のカケラさえ微塵もないと思います。
居眠り、ヤジ、デモ看板、牛歩、人の話を最後まで聴かないなどなど…子どもたちの会議よりも劣っている。
それを神聖と呼ぶことさえ馬鹿げているので、今回は議会がどうだとかは関係なく、所謂普通の会議に子連れがOKなのか?NGなのか?それが問題なのだと思います。

どうでしょう?冷静に考えてみて下さい。

今回の議員さんの子どものように7ヶ月の子誰かが一緒に来たら、どうでしょ?
今まで通りの会議ができるでしょうか?

はっきり言って、NGで今まで通りに出来ません。
1対1とか、気の知れたメンバーなら大丈夫でしょうが、一般的にビジネスの会議においては、やはりNGでしょう。

それでは、どうしたらOKになるのか?

 それはその会議に参加するすべての人が
「今回の会議にはAさんが子ども連れて参加します。」
という共通の理解がなければ、OKとはなりません。

話す声の大きさ、会議の時間、空間や空調などなど…事前に分かっていても、それに対応するまでには準備が要ります。
その準備があって、すべての人がOKという意思のもとに成立します。

いきなりポーーーンと連れてこられても、きっとうまくいきません。
本人(お母さん)は「あっ気にしないでください。」っていっても、周りの人は気にするし、何よりも子ども自身も気になると思います。

会議にもいろいろな種類があるとは思いますが…

会議にもいろいろな種類があるとは思いますが…

勿論、「#子連れ会議OK」と示している人はOKなんでしょうが、あまり個人的にはおススメはできません。

子どもを預ける人がいないから仕方ない。
確かにそんな時もあるでしょう。分かります。
そうなると連れてくるか?会議をずらすか欠席するかしかありません。

今回の議員さんはどうだったでしょうか?

結局、預かってくれる人がいたのなら、最初からどうにかならなかったのか?事前に議長に「連れてくるかも」みたいな連絡は入れたらしいですが、OKも出てなくて連れてくれば、それは色々言われますよ。規則は規則です。

といっても、どうも会議規則にはそういうルール(子どもをつれてくることはNG)がないとのことで連れてきたらしいですが…
いずれにせよ、いまの日本では常識的にNGであることは間違いない気がしますが。

こういう意見もあります。

 「海外では、よくあることよ!」

はい、来ました。あそこは当たり前だから、こっちも当たり前でしょ論!
確かに海外では、今回みたいにお母さん議員さんが子どもを連れて参加したり、中にはその場で授乳したりしても、別に何も言われず議会が進んだという例があるようです。

素晴らしい!!という思いはあります。
日本もそうであれば、今回みたいな騒動にはならなかったと思います。

しかしながら、それは海外であって…そのすべてや良いことが、日本に当てはまるっていうわけではないんです。
他のところもしているからこっちも大丈夫でしょ?っていうのは幼稚な考えだと思います。

なら、何もしないのか?この議員が悪いのか?

懸命で素晴らしい行動だったとは、決して言えませんが…
これが日本における子育てや育児についての理解度の現状だと分かったと思います。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ