「福岡は“シティ・オブ・アルチンボルド”!」 P・ハース氏《ルドルフ2世展》で来福

現在、福岡市博物館で開催中の「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」。この中で特別展示されているのが、ジュゼッペ・アルチンボルドの代表的絵画「四季」シリーズを立体彫刻として再現したフィリップ・ハース氏の作品だ。

アルチンボルドの「四季」《春》《夏》《秋》《冬》を立体化した模型、アルチンボルドに基づく 会場展示より

アルチンボルドの「四季」《春》《夏》《秋》《冬》を立体化した模型、アルチンボルドに基づく 会場展示より

ハース氏はアメリカの現代美術作家。ドキュメンタリーの映像作家としてキャリアをスタートさせ、『エンジェル&インセクト/背徳の館』(1995/劇場未公開)や、サマセット・モームの『Up at the Villa』を映画化した『 真夜中の銃声』(ショーン・ペン、クリスティン・スコット・トーマス主演)などの劇映画も手掛けている。

彼が、2010年頃から始めたのが、アルチンボルドの2Dで描かれた絵画を3Dで再現するという試み、「アルチンボルド・プロジェクト」。展覧会初日に会場を訪れたハース氏に今回の展示作品やアルチンボルドの魅力について聞いた。

会場で作品の前に立つフィリップ・ハース氏

会場で作品の前に立つフィリップ・ハース氏

「僕は自分の創作活動を、アートや映画の歴史との対話だと考えている。絵を描いているときも、彫刻をしているときも、映画をつくっているときも、僕が魅了されるのは“変化”なんだ。例えば「四季」に関しては、僕は大きさや、素材や、次元を変えることで、古典的なルネッサンスの肖像画家の世界を再構築しているのだが、それによって鑑賞者の観方も変わるんだ。また、アルチンボルドは、16世紀の画家だが、非常に現代的なアーティストだと思う。ダリのようなシュールレアリストも、アルチンボルドを昔の画家にしては、非常に斬新すぎると考えていたんだよ。彼の作品には、植物や果物、木や草花といった自然物が多く描き込まれていて一見シュールだが、それは人間も周囲の木や花、植物のように自然の一部として存在している、という非常に現代的な考え方に通じている」とハース氏。

「最初に作ったのが、この四季シリーズの《冬》。これは、大型の彫刻作品を作るための模型として作ったものだ。これをもとに5メートルほどの彫刻を制作し、ワシントンD.C.のナショナル・アート・ギャラリーほかアメリカ、ヨーロッパ12か所で野外展示した」と、スマホを取り出し展示された各地での画像を見せてくれた。

《冬》(アルチンボルドに基づく)会場展示より
 フィリップ・ハース《冬(模型、アルチンボルドに基づく)》2015年、ブロンズ、作家蔵
©Philip Haas

《冬》(アルチンボルドに基づく)会場展示より
フィリップ・ハース《冬(模型、アルチンボルドに基づく)》2015年、ブロンズ、作家蔵
©Philip Haas

こちらが模型で、下が野外展示された大型の彫刻。展示場所それぞれの風景にすっかり溶け込んでいるのがおもしろい。

New York Botanical Garden, New York City

New York Botanical Garden, New York City

Atlanta Botanic Garden, Atlanta, Georgia

Atlanta Botanic Garden, Atlanta, Georgia

その後、四季シリーズをすべて立体化し、作品は2012年からイギリスを皮切りに、美術館の庭や植物園などで巡回展示された。

Château Baux des Provence, France

Château Baux des Provence, France

その時の風景や制作過程が分かる映像がこちら。

この映像の中でハース氏が語るように、様々な小さなパーツが組み合わされ創り上げられた彫刻は、立つ位置、観る角度、また時間、季節、周囲の風景によってさまざまに表情を変える。それ自体が生きているかのように刻一刻と変化して、二度と同じようには見えないから不思議だ。

隣の作品は《コロッサス:巨像(模型)》という作品。

会場展示より
 フィリップ・ハース《人面岩(模型)》2010年、ミクスト・メディア、作家蔵
©Philip Haas

会場展示より
フィリップ・ハース《人面岩(模型)》2010年、ミクスト・メディア、作家蔵
©Philip Haas

「こちらはアルチンボルドの版画作品を立体化したもの。これはさらに巨大な25m大のものを作ろうと構想しているのだけど、なかなか資金が集まらなくてね(笑)。完成したらこんな感じになるんだよ。おもしろいだろ?」

フォトショップを使った完成予想図。口の内側までリアルにシミュレーションされている。

フォトショップを使った完成予想図。口の内側までリアルにシミュレーションされている。

すごい、すごいと写真を観て興奮していたら、会場にはない作品まで見せてくれた。

アルチンボルドの《水》を立体化した模型。360度精巧に作り込まれている。

アルチンボルドの《水》を立体化した模型。360度精巧に作り込まれている。

「これは、アルチンボルドの《水》という作品を粘土で立体化したもの。水中に住むいろんな魚介類が組み合わさってできている。《水》という名前にちなんで、噴水にしたいと思っている。そうそう、福岡でこれを作るのにぴったりの場所を見つけたんだよ。ルドルフ展の会場、福岡市博物館。あの池にこの噴水を作りたいね。そういえば福岡に滞在中、長浜鮮魚市場に行ったんだよ。福岡は海が近くて、おいしい魚もいっぱいだろ。海にも豊かな自然にも恵まれている福岡は、この作品を展示するのにぴったりの街。まさに“シティ・オブ・アルチンボルド”だ!」

福岡市博物館前の池が作品の舞台となる日も近い!?

福岡市博物館前の池が作品の舞台となる日も近い!?

では、アルチンボルドのような芸術家をこよなく愛した神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世については、どんな印象を持っているのだろう。“政治に関心の薄い変わり者”と言われている面もあるが。

「僕は、彼のことを芸術や文化を通して世界平和を目指した偉大な皇帝だと思っているよ。多様性を認め、いろんな文化や芸術を育てた。今のアメリカ大統領ドナルド・トランプとは大違いだ。世の中には、ルドルフ2世のような指導者がもっと必要。“More ルドルフ、Less トランプだ”。」

最後に、福岡が日本巡回展のスタートとなる「神聖ローマ帝国 皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展」。ハース氏から見たルドルフ展の感想は?

「実に美しくて、ドラマティック。まるで映画のようなストーリーがある展覧会だ。しかも映画より安いうえに、いつまでも見ていられる。見に来て絶対に損はしないよ。」

ハース氏とコラボした特別展示スペースは、撮影もOK。ぜひ、アルチンボルドの名画とともに、じっくり鑑賞いただきたい。

ライター:大迫章代

出典:九州、山口エリアの展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン「ARTNE アルトネ」

※情報は2017.12.19時点のものです

福岡市博物館

住所福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL092-845-5011
FAX092-845-5019
URLhttp://museum.city.fukuoka.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ