福岡に熱視線!アジア太平洋地域の訪日旅行者が2017年最も検索した日本の都市は?

アジア太平洋地域(APEC)の訪日旅行者が、2017年に旅行検索エンジンKAYAK(カヤック)上で検索した日本の都市ランキングが発表されました。福岡は、東京・大阪に続いて検索ランキング第3位でしたが、検索率の上昇については、東京、大阪を抑えて第1位となりました。

提供:福岡市

提供:福岡市

APAC地域の訪日旅行者が2017年に最も検索した日本の都市ランキング結果は、

1位:東京

2位:大阪

3位:福岡

4位:沖縄

5位:札幌

6位:名古屋

7位:北九州

8位:石垣

9位:鹿児島

10位:大分

10位中4都市が九州という結果になりました。平均の伸び率では、東京129%、大阪166%、福岡198%と、福岡が最も高い検索率の上昇を記録。特に、香港、インド、韓国、台湾で著しい伸び率を見せたようです。それにしても、上位の3都市すべてで検索率が上昇しているなんて、日本へのインバウンド需要の高まりがうかがえますね。

提供:福岡市

提供:福岡市

福岡では、2017年5月に沖ノ島が世界文化遺産登録されるなど、世界的に注目されるニュースも誕生しています。2020年には東京五輪も開催されますし、福岡はじめ日本の観光地としてのますますの魅力向上に期待したいです。

※情報は2017.12.24時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ