福岡にもあった! 呪文を唱えてオーダーするラーメン屋さん

■呪文を知らないとオーダーできない店

「ヤサイマシマシカラメマシアブラスクナメニンニクマシ」

福岡の方はあまり聞きなれない呪文ですが、関東を拠点としている「ラーメン二郎」には独特の呪文を唱えてオーダーするスタイルを貫いています。このラーメン二郎は熱狂的なファンを多数持ち、彼らのことを総称して「ジロリアン」なる用語まで誕生しています。

あの銘菓チロリアンと一文字違いなので、東京で初めて「ジロリアン」という名前を聞いた時はどことなく懐かしく感じたのを思い出します。

さて、そのラーメン二郎ではそれぞれ味をカスタマイズして提供するスタイルを採っているため、そのカスタマイズ具合を店員さんに伝える時に使用しているのです。

冒頭の呪文の意味ですが、「野菜をかなり多めにして、スープのタレを多めにして、背脂は少なめにして、ニンニクを多めにする」という意味です。同様に「アブラナシニンニク」だと「背脂はなし、ニンニクを入れてそのほかは普通で」という意味です。

■ラーメンのカスタマイズの原点

ラーメンの味をカスタマイズするラーメン店というと、福岡をはじめとする全国各地に店舗展開している「一蘭」を思い浮かべる人も多いでしょう。

オーダーシートの元祖と言われている一蘭では、好みの味をオーダーシートに記入して店員さんに渡すと、好みの味にカスタマイズされたラーメンが出てきます。ラーメン二郎のように口頭で呪文を言うのではなく手書きで記入するタイプなので、幾分気が楽ですね。

しかし、福岡のラーメンを語る上で忘れてはならないカスタマイズの原点と言えば、もちろんあれですよね。そう、「カタ」をはじめとする麺の茹で具合のカスタマイズです。

■ 一昔前までは「ナニソレ?」状態だった麺の硬さのカスタマイズ

福岡ではかなり前から麺の茹で具合をオーダーすることが当たり前でした。ただし、「カタ」(硬め)や「バリカタ」(かなり硬め)程度しかそのバリエーションが無かったように記憶しています。

ところが、全国的な豚骨ラーメンブームの到来とともに、麺の硬さのバリエーションも徐々に増加し、「ハリガネ」(めちゃくちゃ硬め)や「コナオトシ」(ほぼ生麺)まで登場するようになりました。

一方で、「ベタナマネギモリ」のようにラーメン二郎のような呪文を唱える店があの「元祖長浜屋」です。こちらも麺の硬さはもちろんのこと、油の量とネギの量をカスタマイズできます。ベタ(=油多め)ナマ(=ほぼ生麺)ネギモリ(=ネギ多め)といった具合にオーダーするので、初心者には何が何だかって感じでちょっと面白いですね。

もちろん、何も言わなければ普通のラーメンが出てきますので心配は無用ですよ。

※情報は2018.1.22時点のものです

H.Katsura

福岡出身。就職で東京へ行き、20年の都会生活を経て昨年Uターンしてきたフリーライター。 地元を離れて初めてわかる福岡の面白さをあらためて実感中。

関連タグ

この記事もおすすめ