愛妻家だと思う男性芸能人ランキング発表!一位はやっぱりあの人!

1をアルファベットの「アイ」、31を「サイ」と読む語呂合わせから、1月31日は「愛妻の日」と言われています。今回は「愛妻家」だと思う男性芸能人ランキングの発表です。20代~30代の女性はどんな芸能人を愛妻家と見ているのでしょう!?

 

ランキングの発表の前に、まずは、「愛妻家」についてのアンケート結果を見ていきましょう。既婚の方に限定した回答です。


既婚女性の9割が「自分の夫は愛妻家である」と思っているようですね。

 


既婚女性の9割が、パートナーから日常的に「愛されている」という実感があることがわかりました。意外ですよね~?えっそう思うのは私だけでしょうか?

さて、本題の気になる芸能人ランキングの発表です。

「あなたが『愛妻家』だと思う、男性芸能人を教えてください(複数回答)」という質問です。回答結果は!?※コメントは一部抜粋

◆第3位  「DAIGO(66票)」さん
・奥様の仕事も尊重していながら記念日なども大切にしているので(30代前半)
・TVでの、のろけ具合がちょうどいい。奥さんのことを褒めている所も好感がある(30代後半)
といったコメント。

「志村動物園」での動物好きな一面も愛を感じますよね~。

◆第2位 「佐々木健介(71票)」さん
・奥さんのことを、1番に考え、行動に移しているように思うからです(20代後半)
・鬼嫁と言われているが、それをうまく操っているのは健介さんだと思うから(30代前半)

バラエティ番組などでも、いつも笑顔で温厚、優しいお父さんのイメージですね。

そして、栄えある第1位は、やっぱりあの人!

◆第1位 「藤本敏史(FUJIWARA)(72票)」さん
・ユッキーナのことをすごく愛しているのが伝わってきます。それにつきます。妻を愛していることを外に素直に発信できる男性は、家庭でも優しいんだろうなと想像できます(20代後半)
・なんでも言うこと聞いてくれそう。何を買っても揃えても文句言わなそう(30代前半)

ユッキーナとの会話など、まるでお笑い!?といった私生活を覗かせてくれるオープンなお二人ですよね。Instagramでも、幸せいっぱいの家族の様子が伺えます。

フジモンとユッキーナを見ていると、相手に求めるよりも、愛されるべき自分であるか!?が問われているようにも思います。

いつも明るく元気なユッキーナにメロメロなフジモン。自分磨きこそ、夫が愛妻家になるかどうかの分かれ目かもしれませんね。

4位、5位も納得のお二人でした。

<ヒロミ>
・おうちをリフォームする際に奥さんのことを考えて、キッチンを作ったり、床暖房を取り入れたりしていて愛妻家だなと思いました(20代後半)
・奥さんの個性的な部分もまるごと受け止めて愛してる感じが伝わってくる(30代後半)

<杉浦太陽>
・ブログを拝見させてもらっていますが、ロケ先のお土産を買っていったり素敵な誕生日祝いをしたり、とても愛妻家だなと思う(20代後半)
・30分でも空き時間があると家に帰ってくるところ(30代前半)

新しい年、気分も一新に、今年は夫に愛妻家になってもらえるべく、自分磨きに励んでいきたいなって思います!

 

結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパークが、20代~30代の女性186人を対象に行った「愛妻家」に関する調査より抜粋。

[調査概要]
表題:「愛妻家」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年12月11日(月)~12月17日(日)
有効回答:20代~30代の女性 186人

※情報は2018.1.15時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ