Idealmuzik ブルートゥース イヤホン使ってみた

こんにちは!めがねです。
IdealmuzikのBluetoothイヤホンを買いました。
amazonのタイムセール見てたら欲しくなって。
使ってみたらコスパ良かったので、今日はその使用感をレポートします。

値段は今のとこ2,399円みたいです。
イヤホンとケースがついてこの値段です。

おい、タイムセールじゃなくてもこの値段じゃねえか!…今気づきましたけど。だまされたー。。。そして元が9,880円とか!嘘つけ。

ケースも写真載せておきます。
カバンに入れといたらホコリが。。すみません、汚くて。
手のひらサイズ。そしてこのロゴ怖い…人の顔みたいに見えませんか。。。

開くとこんな感じです。

かなり昔、Bluetoothのヘッドホンを買ったんですが、ブチブチ切れるし音が悪くて二度と買わない!って思ってました。
けど最近友人がappleのAirPodsを使ってて、すごく良さそう。
ケースにさしといたら充電できるし、紐がないから見た目がすっきりしてます。
ただ値段が高いのと紐がないせいで逆に付けてる意識がなくなるのか、すぐ落としてたので結局買いませんでした。
でもこの値段なら、失敗してもいいかーと思って。

では早速、使用感を報告します。

まずイヤホンの部分がでかいです。女性の耳にはちょっと大きすぎる感じ。
でもキャップを小さいサイズに変えて、ちょっと無理矢理グリグリグリッって入れれば入ります。
紐の部分は耳に一端ひっかけて、首の後ろに回して装着。
本当に「教官!装着完了いたしました!」って言いたくなる感じです。
慣れるまで、鏡見ながら付けてました私。
しかも私の場合は耳が前を向いてるんで、サンプル写真みたいに美しくはフィットしません。

あと口コミでも何件か見かけましたが、左右が分かりにくいです。
怖いロゴがついてる方が右だったかな、確か。
ロゴ書く暇あったら、もうひと手間かけて「L」「R」書いてくれたっていいと思うけども。

説明はいいから早く商品見たいという方はこちらからご覧ください。
装着しているイメージも写真で掲載されています。
amazon

amazonの回し者みたいになってるけど。
別にamazonじゃなくても買えます。もちろん。

なんか耳の中に超密着して、蓋されてる感じです。

リモコンの真ん中にある丸を長押しすると、青と赤に点滅します。
この状態で、iPhoneだったら「設定→Bluetooth→Idealmuzik」をセレクトしてください。
ペアリング完了。
音いいですね~。
ちょっとだけこもった感じもあるけど、全然問題ないです。
音漏れもなし。

ペアリングして、どの辺までいけるのかなーと思って、家の2Fから1Fまで降りてみましたが問題ないです。
とは言っても、家の端っこまで行ったら切れますから。
は?おまえの家のサイズがわかんねーよ!って声が聞こえそうですが、距離感分かりません(汗)
8Mくらい?大丈夫かも?…よく分からないです。えーと、小股で15歩分ぐらい。

それで、ペアリングが切れる範囲まで来たら勝手に切れます。
ペアリングできる距離に来たら、英語で「繋ぎますー」ってアナウンスがきて、音が聞こえるようになります。

持続時間は7時間くらいと書かれてますが、試しに3時間付けてたけど切れませんでした。
充電式です。
PCからでも良いし、iPhoneのアダプターが使えるので、直接コンセントからでも充電できます。

結果、早く買えばよかったです!
今まで何百個のイヤホンを壊してきたことか。。

使い方が荒いので、すぐ断線して右左どっちかが聞こえなくなるんですよね。
最近では同じイヤホン10個まとめて買って、切れたら使い捨ててました(もったいないけど)
TBSのジャンク好きなんで、イヤホンがないと生きていけないんです。
ちなみにアプリは「Clipbox」を使ってます。
「Clipbox」

youtubeでラジオ番組をダウンロードして、mp4→mp3に変換してからオフラインで聞いてます。
長年愛用してるけど、これは便利。

報告以上でした。

皆さん、早くBluetoothのイヤホンに切り替えましょう!わーい。

※情報は2018.1.16時点のものです

ちびっこO&めがね

【ちびっこ0】出版→映画宣伝→イギリスでのボランティアステイを経て、現在福岡でフリーの編集・ライターをしている40代。イギリスにいた間に、生来の“おっとり”に磨きがかかったかもしれない…。宮崎出身の為、すぐ鶏料理を探してしまいます。趣味はyoutubeで延々k-popを見る事。得意分野は「映画」「韓国ドラマ」「Kpop」。

【めがね】出版→映画宣伝→IT系→webデザイナーを経て、現在ニートの40代。会社勤めから解放され、有り余る時間を生かして、あらゆる事に首をつっこんでいる最中です。得意分野は「本」「演劇」「映画」「2012年までの宝塚」。

この記事もおすすめ