ガス温水式床暖房なら部屋全体が幸せな気分【ふくおか すまいづくりノート】

本格的に底冷えする季節。色んな暖房器具があるものの、室内が乾燥しすぎたり、冷たい足先がなかなか暖まらなかったりで、不満をお持ちの方も多いのでは?そこで注目したいのが、「ガス温水式床暖房」。足元から自然な温もりが部屋中に広がる、とっても快適な暖房システムなのです。

「伝導熱」、「ふく射熱」、「対流」のトリプル効果!

給湯器で温められたお湯が床下のパイプを循環することで、床面を直接暖め、室内全体が足元から暖まります。

上のイラストをご覧下さい。室外にある熱源機で温めた温水を、床下に設置した温水マット内のパイプを循環させて床を直接暖めるのが、『ガス温水式床暖房』の大まかな仕組み。

「床面だけしか暖まらないんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、足元から伝わる「伝導熱」と、遠赤外線で身体を芯から暖める「ふく射熱」、暖かさを均一にする「対流」が同時に働くので、部屋全体が心地よい空間に包まれます。エアコンや石油ファンヒーターなどのような温風が出ないので、乾燥しすぎないのも床暖房の魅力。

リモコンでお好みの暖かさに調節できるので、外気温は低いけど室内には陽が射しているような日中は低めに、太陽が沈み室温も下がってきたら高めに…と、体感温度に合わせて自由に調整できます。もちろんタイマー設定もできるので、起床時刻の30分くらい前にスイッチが入るようセットしておけば、布団から出るのがツラくなくなりますよ。

床面だけでなく、部屋全体が暖まっていく理想の暖房。温風で室内が乾燥したり、ホコリが舞うこともないので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心です。

 

お掃除ラクラク♪家計にもやさしい

床暖房には電気ヒーター式もありますが、契約アンペア数を増やさなければならないので、年間を通じて電気の基本料金が上昇することになります。

その点、ガス温水式床暖房なら、おトクな料金プラン「ホットメリット」が適用されるので、住まい全体でご使用になるガス料金がグッとおトクに。

また、ストーブなど他の暖房器具を置く必要がなくなる分、お部屋の掃除がラクになります。電気カーペットのように、お子さまや高齢の方がコードに引っかかって転倒する事故の心配もなく、安心です。季節ごとに出し入れする手間もかかりません。

最近は、ガス温水式床暖房を標準装備している新築マンションや新築戸建住宅が増えていることからも、人気のほどがうかがえます。

新築マンションの場合、標準装備ではなくとも、「オプション」として装備は可能です。ただし、温水マットは床工事の前に施工しなければならないので、オプション工事のオーダー締め切り日程を事前に確認しておきましょう。

床面の“温度ムラ”が生じず、床全面が優しい暖かさになるので、長時間寝転がっていても低温やけどの心配がほとんどありません。


『頭寒足熱』で受験勉強もはかどるかも!?

エアコンによる暖房は、天井付近の温度が最も高くなりがち。頭や顔はボーッとするくらい暖かいのに足先は冷たいまま…といった状況が起こりやすくなります。

床暖房の場合、足元から天井付近まで均一に暖まっていくので、とっても快適。「頭寒足熱」の理想的な空間で、集中力アップ!!

 

お住まいの部屋にも施工可能

新築・リフォーム時に施工するのが一般的なガス温水式床暖房ですが、すでにお住まいの部屋のフローリングの上に施工することも可能です。

上に被せる仕上げ材には色々なタイプがあるので、お部屋のイメージを崩さずに床暖房を実現できます。

【お問い合わせ】

西部ガス(株) 福岡支社

TEL.092-633-2716(受付時間/9:00〜17:00 ※土・日・祝除く)

 

※情報は2018.1.19時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ