【方言ぽっこり】方言漢字というもの

「え、えっと、・・・イシカミイ?」

と読み間違えたのは、良い思い出。

 

石神井、九品仏、馬喰横山は、

東京初心者にとって読みの難易度が高すぎる地名TOP3(個人調べ)です。

 

方言には、漢字はほとんど当てはまりません。

 

・ランドセルを「からう」

 

・右腕が「こわった」

 

などなど、そもそも方言は筆記を前提としていない言葉なので、漢字がないのも当然。

しかし、地名・人名など、筆記しなければいけない単語の場合ではどうでしょう。

 

実は、話し言葉に方言があるように、漢字にも「地域音訓」と呼ばれるものが存在します。

今日はそれをいくつかご紹介したいと思います。

 

———————-

 

福岡県糸島市前原。

 

この地名、最後はきちんと、「マエバル」と読めましたか?

私の場合、前原は地名を先に知り、後で漢字を知りました。

そのとき疑問に思ったのは、

なぜ、「原」を「ハル・バル」と読むのか、ということです。

 

 

福岡県内のみならず、九州各地には「ハル・バル」読みをする「原」のついた地名・人名がたくさんあります。

たとえば、有名な前宮崎県知事・東国原さんしかり、

「新田原」という地名においては、福岡では「しんでんばる」という地域がありますが、

宮崎では「にゅうたばる」と、さらに難易度を上げた読み方をする自衛隊基地名もあります。

 

これは、沖縄を含めた九州独特の漢字の読み方の一つです。

下関を越えた途端に、標準的な読みの「ハラ」となるのがおもしろいところ。

 

こう読むようになった由来はいくつかありますが、

なるほどと思ったのは、

この「ハル・バル」読みのある地名は、もともとは水田地帯だったのではないか

という説です。

 

山を開いて耕地を作ることを「開墾(かいこん)」と言いますが、

この「墾」の字、「墾る(はる)」とも読みます。

これが転じて、新たに開墾した土地に「はる」の地名を名付け、

後に「原」の字を当てたのではないか、というのです。

 

それがなぜ九州独自になったのか、までは解明できませんでしたが…。

 

ほかにも、「麻生」と書かれていれば、ためらいなく「あそう」と読んでしまいがちですが、

神奈川県にある地域では「あさお」と読みますし、

さらに、北海道札幌市にある「麻生」は、「あさぶ」と読むそうです。

 

冒頭に出した、上京者には難易度の高い東京の地名ですが、

 

「石神井」は「しゃくじい」と読み、

「九品仏」は「くほんぶつ」と読み、

「馬喰横山」は「ばくろよこやま」と読みます。

 

「なにがどうしてそうなった」というのが、

私が何かを知りたい!と思うときのキーワードなのですが、

方言と同じように、地名にもピンと反応してしまいます。

 

脈々と受け継がれてきた歴史、それに由来した出来事、

そんなことを考えると、宝探しみたいにワクワクしてしまうんです。

 

出張や旅行で知らない土地に行くとき、標識や駅名に目を向けてみてください。

思いも寄らない発見があるかもしれませんよ。

 

※情報は2014.7.25時点のものです

久保田美栄

1982年生まれ。福岡県うきは市出身。高校卒業後、上京。
在京13年を経て、筑後弁と標準語を使い分ける『方言バイリンガル』に。
現在は、東京にて映像制作の仕事に就く。

この記事もおすすめ