スタッフイチオシ☆獲れたてのブリを直送!オリジナルのたれが絶妙!【クワトロヨッチ】

国東半島に位置する豊後高田市、国東市、杵築市、姫島村が運営するアンテナショップ「クワトロヨッチ」。毎回各地が誇る特産品や観光情報をお届けします。

今回は「杵築市」です。

獲れたてのブリを直送!オリジナルのたれが絶妙!

左奥)ブリのりゅうきゅう丼 右前)鯛のりゅうきゅう丼

左奥)ブリのりゅうきゅう丼 右前)鯛のりゅうきゅう丼

新鮮な魚の切り身を醤油、酒、みりんなどの合わせだれに漬け込んだ、大分を代表する郷土料理“りゅうきゅう”。

刺身とはひと味違うトロリとした食感と、甘いたれとのコンビネーションが魅力です。

絆屋(きずなや)のりゅうきゅうは、JAL国際線のファーストクラス、ビジネスクラスで提供されていた逸品。豊後水道の豊かな海で育ったブリを、ひとつひとつ手作業で加工。脂ののった旨み、香りとコクに驚かされます。そのまま食べても、海鮮丼やお茶漬けとしてもおいしく召し上がれます。

ブリのりゅうきゅうの他にも、関さば、関あじ、本マグロ、太刀魚、真鯛、かぼすブリなどがあります。是非ともご賞味ください。

※すべて2食入りです。 ※クワトロヨッチでは、ブリと真鯛のみ販売。


城下町杵築散策とひいなめぐり

ひな祭りが盛んに行われる九州各地中でも、お雛様を“ひいな”と呼ぶのはここ杵築だけ。“ひいな”とは古語で、“小さくてやさしい”という意味を持ちます。江戸時代に城下町として栄えた杵築らしく、藩医をつとめた佐野家、旧家・後藤家などの名家が所有する江戸期の雛や四国にルーツを持つ座敷雛、素朴な田舎雛、陶製の現代雛、手作り雛などの多彩な雛人形が展示されています。

また人気の“ひいな限定グルメ”もありますので、武家屋敷や町屋が連なる美しい城下町とともにゆっくり散策をお楽しみください。

◆日程

2018年2月10日(土)~3月11日(日)

◆場所

杵築城下町一帯および山香地区

 

クワトロヨッチ

福岡市中央区天神1丁目13-25 福岡中央ビル1階

営業時間/11:00〜19:00

定休日/年末年始

TEL/092-737-1114

 

※情報は2018.1.26時点のものです

大分国東半島アンテナショップ「Quattro Yocchi(クワトロヨッチ)」

住所福岡市中央区天神1丁目13-25 福岡中央ビル1階
TEL092-737-1114
URLhttp://www.quattro-yocchi.com/

関連タグ

この記事もおすすめ