デスクトップをスッキリして作業効率アップ!

こんにちは!めがねです。
今日は下記の記事で予告していた、「Q-Dir」の初期設定をいくつかご紹介いたします。
フォルダをロックして隠す方法

繰り返しになりますが、Q-Dirは「保存場所を最初に登録しとけば、次からはタブで管理できるツール」というものです。見た目はこんな感じです。

デスクトップにたくさん書類が散らばっていると、見た目も悪いし、目当ての書類を探している時間がもったいないなーと思います。
私は元々片づけられないタイプの人間ですが、仕事は工数を考えなければならないので、時間節約というか、作業効率をあげる為にQ-Dirを使ってました。
似たようなものはたくさんあるので、いくつか組み合わせて使うと、スマートに作業することができますよ。

では早速。興味がある方は、以下からダウンロードしてください。
Q-Dir

多分大丈夫なはずですが、もしウィルス感染しても責任は負えませんので悪しからずご了承ください…。

多機能でとても全部は紹介できないので、私がご紹介するのは初期設定のみです。
慣れてきたら、自分の使いやすいQ-Dirにしてくださいね。

デフォルトでは、こんな感じになっていました。
レイアウトは右上の部分で変えることができます。今は左から3番目が選ばれている状態です。
私はPCを開いたらQ-Dirが起動するようにスタートアップに設定しています。
見たい時だけ起動したいという方は、タスクバーにピン留めしておくといいと思います。
ピン留めなんかわかるよ!と言われそうですが、念のため…。

起動している状態の時に、タスクバーのQ-Dirアイコンの上で右クリックでピン留めを選択してください。
次に、アドレスバーを視覚的に分かりやすい形に変えてみたいと思います。
このままがいい方は変えなくて良いです。
「その他→アドレスバー→モダン」を選択してください。

アドレスバーが絵で表現されるようになりましたー。
分かりやすいところで、右下の窓を見てください。
「デスクトップ」の「PC」の「外付けHDD」の中の、「音楽」の中の、「Chaka Khan」の中の、「Dance Classics of Chaka Khan」を表示しているという意味です。
例えば「音楽」まで戻って別の歌手を選ぶには、「音楽」のフォルダをクリックすれば、2階層上に戻って表示されます。

ついでに赤枠左にある部分の説明もしますが、

フォルダに矢印がついているアイコンをクリックすると、1階層分だけ戻ります。
例えば、この窓の中だと「Chaka Khan」フォルダまで戻ります。
一気に戻りたいときはアドレスバー、1個だけ戻りたい時はこのアイコンを使ってください。

次に、新規のタブを増やすには、タブを増やしたい窓の何もないところをクリックして選択した状態で「編集→新規タブ」(またはCtrl+T)を選択してください。
下の画像では、左下の窓にタブを加えています。

タブが増えてますよね。
で、タブを閉じる時はタブの上で右クリックでタブを閉じる(またはCtrl+W)です。

書類を簡単に移動することも可能です。
上がデスクトップ、下の2つが外付けHDDの任意の場所になっていますが、右下の音楽の中で、1曲目の曲をデスクトップにもっていきたいと思ったら

1曲目をつかんで、上にドラッグ&ドロップで、デスクトップに移動します。
ってことは、共有サーバーと自分のPC間の移動なんかも、簡単にやりとりすることができるって事です。おおー!便利~

最後に、このタブの状態を記録する方法です。
Q-Dirが落ちるとタブが初期化されてしまってグァァァア~~ッてなるので、定期的にお気に入りの状態を保存しておくことをお勧めします。

右上の星マークをクリックすると保存する場所を聞かれますので、任意の場所と名前をつけて保存してください。今回はデスクトップに保存してますが、覚書のようなものなので、普段は見えない場所でいいです。

このQ-Dirのマークをクリックすると、保存した時のタブで開きます。

すごく基本的な使い方でしたが、いかがでしょうか。
パっと出てこないところをタブで登録しておけば、自分のPC周辺を一目瞭然で把握することができると思います。
Q-Dirみたいなツールで全部管理しておいて、デスクトップには何もないとか、「おー!仕事ができる~っ」て感じで超クールじゃないかと思うんですが。

前回の記事から時間があいてしまいましたが、良かったら使ってみてくださいませー。
どうぞ、アナタのお好きなフォルダを深い深い深いところに隠して、Q-Dirで管理してください。

※情報は2018.1.18時点のものです

ちびっこO&めがね

【ちびっこ0】出版→映画宣伝→イギリスでのボランティアステイを経て、現在福岡でフリーの編集・ライターをしている40代。イギリスにいた間に、生来の“おっとり”に磨きがかかったかもしれない…。宮崎出身の為、すぐ鶏料理を探してしまいます。趣味はyoutubeで延々k-popを見る事。得意分野は「映画」「韓国ドラマ」「Kpop」。

【めがね】出版→映画宣伝→IT系→webデザイナーを経て、現在ニートの40代。会社勤めから解放され、有り余る時間を生かして、あらゆる事に首をつっこんでいる最中です。得意分野は「本」「演劇」「映画」「2012年までの宝塚」。

この記事もおすすめ