【木村専太郎クリニック】不定愁訴や原因不明の症状に悩む人にこそ必要な医療(オーソモレキュラー医学)

福岡市南区にある【木村専太郎クリニック】、木村專太郎医師にオーソモレキュラー医学(分子整合栄養医学)についてインタビュー

木村専太郎クリニック 血液が教えてくれる、あなたの足りない栄養と症状

木村 專太郎 医師 〔オーソモレキュラー医学(分子整合栄養医学)〕
12年間のアメリカ滞在中に医学、医療、緊急医療を学び、同国アイオワ州で外科を開業。アメリカで外科専門医を取得、この時の経験から「病と健康のよろず相談所」として、気軽に患者が健康・医療全般の相談ができる当クリニックを設立。12年前からオーソモレキュラー医学を学ぶ。

現代の最新医療である「オーソモレキュラー医学」とは、簡単に言えば血液検査により足りない栄養を見つけ、そこを補いながら細胞レベルで体を整えていくこと。

この医学を学んでいない医師は、血液検査の結果を見ただけでは「その人に不足した栄養がなにか」は判断できません。しかし、オーソモレキュラーの医学訓練を受けた医師は「ビタミンB6が足りないのでこの症状が起こっている」など素早い診断が可能です。当院でも治療が困難と思われている不眠やうつ病、パニック障害、不妊、アトピーなどで好結果を得ており、これからますます注目を集める医療だと考えています。

丁寧な問診と血液検査で初期のがんを発見

私の問診は、まず患者が診察室に入ってきた様子を観察することから始まります。落ち着いているか、顔色はどうかを見て手を触り爪を診ます。体温、ごわごわがさがさしていないか、しっとり感などもチェック。食事の内容などを問診して患者のおおよその健康状態が把握できます。

ある患者の血液検査をした時、その数値の異常により内臓の出血を見つけ、さらなる検査で初期の胃がんを発見したことがあります。これはオーソモレキュラー医学を学んでいなければ見過ごしていた数値レベルでした。

健康には「赤身のお肉」足りなければ「良質のサプリ」

また、ふらつきやめまい、食欲不振やしびれなど「不定愁訴」と呼ばれる原因不明の不調にもこのオーソモレキュラー医学の観点から治療することで解決する場合がよくあります。鉄や亜鉛、各種ビタミン、良質なタンパク質など患者の症状に合った必要な栄養素を見つけ、良質なサプリなどの処方による栄養療法を行います。うつや不眠などには脳の安定を助けるメラトニンを作る薬など、その人に足りないものを補っていく医学、それがオーソモレキュラー医学です。

この観点から患者にアドバイスしているのが「糖分は控えめ」「タンパク質中心」「鉄と亜鉛を摂取」。これを食でカバーしようと思うと赤身の牛肉や豚肉が 一 番ですが、無理な人は良質のサプリを飲むのが最も手軽です。

■POINT■不定愁訴や原因不明の症状 に悩む人にこそ必要な医療

人間の体の60%は水で残りの30%はタンパク質、10%はビタミン・ミネラル・脂肪と糖で構成されています。血液検査によって足りない栄養素を探し当て、細胞レベルで補うオーソモレキュラー医学は、原因のはっきりしない症状に悩む方にこそ必要な医学なのです。

木村専太郎クリニック

 

電話:050-7300-4760

住所:福岡県福岡市南区三宅3-16-18 パークサンリヤン大橋A棟101号

休診日:日曜・祝日

診療時間:月〜土 9:00〜12:30、月〜水・金 14:30〜17:30

木村専太郎クリニック

木村専太郎クリニック

※情報は2018.1.24時点のものです

木村専太郎クリニック

住所福岡県福岡市南区三宅3-16-18 パークサンリヤン大橋A棟101号
URLhttp://www.kimurasentaro.com/

関連タグ

この記事もおすすめ