paradise_ something special vol.16

悲しく荒んだ景色が、再び楽園にもどるのはいつの日だろうか。

それは遠い未来と思う者はまだ、受け入れるということが理解できていないのだろう。

 

あなたはいつの日も、全てに立ち返り、また耕すことができるのだ。

それを独り占めなどする必要はなく、分け与えることで全てはみずみずしく蘇る。

 

愛とは与え合うこと、そして受け入れることなのだ。

その心がなければどんなものも光り輝かない。

 

麗しい泉の水はみなに分け与え、大地を潤し、畑を耕すのだ。

あなたは何もかもが、自分自身の行動から始まることを知るだろう。

 

そしてあなたは、枯れ果てた楽園を思い出し悲しく思うのだ、

「もう少し早く到着していれば」と。

しかしあなたはもう楽園を手に入れ、もう手放すことはしないだろう。

招き入れた兄弟、そして隣人とともに、幸せを分かち合うからだ。

 

もしその楽園にやってきた者がその楽園を渡せと、あなたに言ったならば、

あなたは、容易にその楽園を手放すことを、私は知っている。

 

いきいきと生きるあなたはすでに、争うことなく、

楽園を勝ち取ったのだから。

You have brought something special into your life.

MON・28・JULY

Inspiration by Kaoru Himuro

【次回は8月11日公開予定です】

※情報は2014.7.28時点のものです

灰塚 鮎子

Ayuko Haitsuka 灰塚鮎子/株式会社Elephant代表
遊び心とひらめき、クリエイティビティを大切に。
「美は精神にこそ宿る」をモットーに。

この記事もおすすめ