福岡人が何にでも「博多○○」と名づけるワケ

■やたらと多い博多〇〇

頭に「博多」とつくもの、アナタはいくつ思いつきますか?
Google先生に聞いてみると、博多〇〇で多いのは以下のように答えが返ってきました。

1)博多阪急
言うまでもないですね。博多駅に隣接する巨大商業施設です。

2)博多ラーメン
まあこれも全国的に有名ですし。とんこつラーメンの代名詞にもなっています。

3)博多祇園山笠
伝統が息づく博多の祭りです。これが1位でもいいくらいです。

4)博多弁
萌える方言として今や全国区になりましたし。納得ですね。

まあ、上位はどれも納得です。しかし、なぜ「博多」を冠しているのかわからないものもあります。例えば…

◇博多あまおう
ん…?博多にいちご農園あったか…?

◇博多もつ鍋
えっと…まあ、名物ではあるけれど博多限定じゃないような…。

◇博多うどん
確かにうどん発祥の地はそうだけれども、中には「二◯加屋長介」(薬院)を博多うどんと紹介していたり…

そういえば、東京にいた時も「博多天神」なるラーメン屋さんを見かけたこともありました。違和感バリバリですよね。ただ、この違和感を東京の人に言っても「はぁ?」みたいな反応になるんです。

「おかしいよ、だって『札幌函館』っていうみそラーメン屋とか、『上野六本木』とかいう中華そば屋があったら笑うやろ?」と言ってようやく納得してくれるのですけどね…。

■「福岡」ブランドよりも「博多」ブランド?

とにかく福岡で流行ってるものには、何にでも「博多〇〇」とブランド化して売り出す傾向にあるようです。「福岡」ブランドより「博多」ブランドの方がどうやらイメージしやすいらしいようですね。

県外の人から見ると、知名度・ブランド力共に博多>福岡のようです。新幹線開通時にニュースを見ていた世代ならまだわかるのですが、最近の若い人たちに対しても「博多」ブランドは強いようですね。まあこれは、おそらく芸人さんの名前の影響かもしれませんね…。

とにもかくにも、とりあえず「博多」と頭につけておけばいいという風潮はここ最近に始まった話ではないようです。この是非はともかく、愛する地元の街の名物がメジャーになるのは喜ばしいことではないでしょうか!

 

※情報は2018.4.2時点のものです

H.Katsura

福岡出身。就職で東京へ行き、20年の都会生活を経て昨年Uターンしてきたフリーライター。 地元を離れて初めてわかる福岡の面白さをあらためて実感中。

関連タグ

この記事もおすすめ