超面白い!絶対損させないおススメ本をご紹介

こんにちは!めがねです。
規則正しく生活しないと、仕事始めた時にまたつらくなるのは分かってるんですが、つい寝たい時間に寝る毎日。
寝酒を飲みながら、仕事に忙殺されてた時は“積読”にしちゃってた本をパラパラ読む時間が至福です。1人酒好きなんです。大丈夫です。さみしくないです。

読書のお供に、こんなの持ってるのでご紹介します。

SALUS バッカス ウイスキーボトル by佐藤金属興業

スキットル。釣り人とかアウトドアする人とかガンマンとかが持ってるやつ。
ウィスキーを入れてベッドサイドに置いてあります。
盗み酒みたいで、我ながらちょっとどうかと思ってます。でも便利。オヤジくさすぎるので、今度デコってみようかと思ってるんですが。

今日は積読の方じゃなくて、最近買った本と、普通におススメの本をご紹介します。

最近買ったのが『ゲッターズ飯田の五星三心占い』と『現代知識チートマニュアル』山北篤です。

普段占いは信じないたちなんですが『ゲッターズ飯田の五星三心占い』(セブン&アイ出版/880円)は、今マジで人生の袋小路にいるので買いました。
で、2018年は「周囲が驚くほどのイメチェンをしろ」と書いてあるんだが…どうすればいいのだ。。。と最初からつまづいてます。
メガネ外すとか?無理、激ドライアイだし。毒舌やめて、天使のように純真になるとか?無理だろ、オイ。
とりあえず365日分の占いが載ってるので、ちょこちょこ読んで心がけたいと思います。
ちなみに今日の占いは「休むときにはしっかり休むこと。」よーし、問題なし!

『現代知識チートマニュアル』(新紀元社/1,600円)は、帯に惹かれて買ったんですが、なかなか面白い。
帯に「そろそろ転生しそうな予感がしている人必読。異世界にもっていきたいこれらの知識。」って書いてあります。
あと「ラノベ作家を全力サポート」とも書いてあるけど、別にラノベ作家は目指してません。
例えばですね、「粉塵爆発」「腕木通信」「ミミズの能力」「幾何学」とか、ちょっと知りたいけど詳しくは知りたくない知識が簡潔に書いてあります。

この山北さんのプロフィールにも惹かれました。

「主な著書に『図解 忍者』『図解 組織・結社』『コンピューターゲームの物理』」って書いてありますYO!
…おお、やべー人だ。間違いない。いい意味で…

『ホワット・イフ?』ランドール・マンロー(早川書房/1,500円)
この面白さはTEDを見ていただければわかります。(所要時間:7分19秒)
これでダメだったらスルーしてください。多分、合わないので。
ジョークは特別面白くないんですが、なんなんだよ!大丈夫だし!そこまでは聞いてないし!ってとこまで掘り下げる人。
この映像では、彼が非常に真面目で、もらった質問に誠実に取り組んでいる事が分かるので、書籍自体に信頼をおいていただけると思います。
そして、実際面白い。

『現代語裏辞典』筒井康隆(文藝春秋/2,300円)
辞典というくらいなので、辞典です。
ただ超ブラックユーモアな辞典です。
筒井康隆を知らない人も、この毒舌についてこれる人なら楽しんで読んでいただけます。
今ザックリ開けて「し」のP136、P137から少しだけ抜粋しますね。

しゃけん【車検】そろそろ車買い換えの時期であることを教える、日本の自動車業界を支えている制度。
しゃひ【社費】自費との境界が限りなく曖昧な金。
ジャブ【jab】小刻みの殺意。
ジャム・セッション【jam session】演奏時間を際限なく長引かせることのできる形式。

以上です。
なんと文庫版が出ているので、現在は安価にお買い求めいただけます。えー…くそぅ!1,210円だとー!

『Blue』中村佑介(飛鳥新社/3,800円)は前回の記事で書いたので一応載せてみました。イラスト集です。
少女のエロスを美しく昇華しているような絵が好きです。

そして、ラストはこれ。
『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』ウェンディ・ムーア(河出文庫/1,296円)
『開かせていただき光栄です』皆川博子(ハヤカワ文庫/900円)、『アルモニカ・ディアボリカ』皆川博子(ハヤカワ文庫/1,000円)
全部セットで読んでもらいたい本なので、まとめてみました。

『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』は、確か絶版してたと思うんですが(違う?)、文庫版になって復活してますね。今の内に買ってください。超面白いので損はさせません。
「近代外科医学の父」と呼ばれている解剖医の伝記なんですが、これを読むと18世紀の医学がいかに未熟だったかが分かります。
もちろん医学には、今もまだ解明されていない事がたくさんあるんでしょうが、もしこの当時に生きてたらと思うとゾっとします。
虫歯になった時、「天才的な外科医の腕と好奇心旺盛な小学生の発想力を持つオジサン」にしか見てもらえないとしたらどうですか。
雄鶏のとさかに健康な人から抜いた歯が根付くか試してみたり、254センチあった大男に死んだら検体してくれと言って、追い掛け回したりするような人ですよ。嫌すぎる~~当時の人も「ちゃんと虫歯治療してくれるよね?ね?」って何回も念を押したかもしれない。ま、当時の治療は歯を抜くだけだけど。

『開かせていただき光栄です』『アルモニカ・ディアボリカ』は、そのジョン・ハンターをモデルにした先生とその助手たちの少年探偵団ミステリー作品です。
皆川さんの他の作品は2、3作しか読んでないんですが、この作品は本当に面白いので、中でも一番好きです。

そしてですね!読んだ方には更に教えたいことがあります。
なんとこの【アルモニカ・ディアボリカ】(悪魔の楽器)が再現されている映画があるんですよ。
小説を読むと、アルモニカ・ディアボリカの実物が見たい!聞きたい!ってなるはずなんで。

それがコレです!
映画『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』
残念…予告では出てこないので、DVD借りてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
次はVR試してみた話にしようかなーと思っております。おやすみなさいませ~

※情報は2018.1.27時点のものです

ちびっこO&めがね

【ちびっこ0】出版→映画宣伝→イギリスでのボランティアステイを経て、現在福岡でフリーの編集・ライターをしている40代。イギリスにいた間に、生来の“おっとり”に磨きがかかったかもしれない…。宮崎出身の為、すぐ鶏料理を探してしまいます。趣味はyoutubeで延々k-popを見る事。得意分野は「映画」「韓国ドラマ」「Kpop」。

【めがね】出版→映画宣伝→IT系→webデザイナーを経て、現在ニートの40代。会社勤めから解放され、有り余る時間を生かして、あらゆる事に首をつっこんでいる最中です。得意分野は「本」「演劇」「映画」「2012年までの宝塚」。

この記事もおすすめ