猫のサニが新元号を大予想する! ~久々の純正サ日記~

 平昌オリンピックが始まりましたニャ。繰り返し言うが、ピョンチャンであり、「ヒラマサ」ではニャイ。刺身では食えない、町の名前だ。

 で、おれは寒いところは苦手なので、五輪とは距離を置いている。

 きょうは、久々にIBGPなど他猫さんに頼らず、おれサニの魅力だけで勝負するサ日記なわけだが、唐突ではあるが、終わろうとしている「平成」に代わる元号を大胆に予想してみようと思うぞ。

 まずは、おれの勇姿を見て欲しいものですニャ。光の道を雄々しく歩いている。自画自賛だニャ。

 で、新しい元号の話だが、まず独断に満ちたクイズを出す。

 

【問い】次の元号に選ばれる可能性の低い順に並べよ

【選択肢】①開明(かいめい)②民令(みんれい)③天光(てんこう)④正祥(せいしょう)⑤宝元(ほうげん)

******************************************

 おわかりになりましたニャ?

【解答】⑤ ④ ③ ② ① の 順

 なぜなのか? 

 ヒントは、頭文字のアルファベットですニャ。

 最近の順で、

平成(H)→ 昭和(S) → 大正(T) → 明治(M) となる。

 よく、何かの入会申し込みとかで生年月日を書かせられるときに、「M、T、S、H」から選ばせられるでしょうが。ここに、また宝元の「H」とか正祥の「S」とかが入り込んでくると、どっちかわかんなくなって、メンドクサイじゃニャイですか。きっと、役人はそのへんのことにまで知恵をめぐらして、MTSHは避けるはずですぞ。さすがに、「慶應」のK時代に生まれた人はいないから「K」とか「G」とかはあるかもしんニャイ。

 以上、さもおれの思いつきのように書いたが、飼い主Jが西村さんという方の勉強会で聞いてきた話をいただいただけだ。

 「大予想」とか大げさに書いてすまんかったニャ。

**********************************************

 最近少しあったかい日もあるんで、15分ほど脱出したりもする。

 おれは入らないが、猫さんたちが車のボンエットで寝てることがあるから、乗る前にバンバン叩く「猫バンバン」をして注意してやったほうがいいぞ。

 ジャングルの王者の親戚の風格だニャ。

 後光まで差すハンサムなおれ。われながらほれぼれする。

 今朝も脱出。あの憎たらしいでかい茶色と睨み合い、疲れた。

 あしたとあさって連休の人は、寒そうではあるが、ゆっくりしてくれニャ。

 

 

※情報は2018.2.10時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ