車のお祓いは宗像大社。せっかち福岡っ子に愛される神様

「車を買ったら、まずは宗像大社へ!」

福岡ではこんな文化が根付いています。

福岡で走っている車を見ると、やたら宗像大社(宗像市)のステッカーを見かけます。皆さんの車やご実家の車にも付けてませんか?

 

「交通安全のお守り」生みの親

宗像大社といえば、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界遺産への登録で注目を浴びていますが、福岡では交通安全の神様として名高いですよね。

なんと、自動車専用の交通安全のお守りを全国で先駆けて生み出したのは、宗像大社なのです。昭和38年に誕生し、今も当時と変わらぬデザインで授けられています。

約800台止まれる広ーい駐車場には、お祓い専用の停車場所と祈願殿があるんですよ。車のお祓いや交通安全を祈願する参拝客でにぎわっています。

 

古代、宗像大社は、朝鮮や大陸と日本をつなぐ海上交通の要衝地でした。大和朝廷や遣唐使らが、航路の安全を祈っていたそうです。

その歴史は深く、日本書紀(645年)には、祀られている宗像三女神が「道主貴(みちぬしのむち)」と記されています。

さらに、二千数百年前の人が交通安全を願った石製の人形(ひとがた)、馬形、船形が国宝として今に伝わります。

ご利益ありそう感たっぷりな歴史的な説得力があります。「道」の交通安全の神様として、いにしえから敬われてきたんですね。

 

ハンドル握るその手にも安全の心を

このように交通安全祈願への思いが強いはずなのに、「福岡では車の運転に気をつけて」と言われてしまうイメージがつきまといます。

せっかちな性格な人が多いせいかもしれませんね。

せっかくお守りやステッカーで交通安全の神様を乗せた車。ハンドルを握るその心にも、余裕と思いやりを乗せて走りたいですね。

※情報は2018.2.28時点のものです

rata

会社を退職して九州(主に福岡)を離れ、転勤族の夫と大阪へ移住したばかり。 大阪のオバちゃんのコミュニケーション能力に驚く日々。 甘~い刺身醤油がとても恋しい。

関連タグ

この記事もおすすめ